Hang Seng 銀行で口座を開く

9 6月

とりあえず、ホテルまで戻って、ハンセン銀行の場所を聞こうと思ったら・・・

DSC02183

駅のすぐ近くにありました。

てか、マジどこにでもあります。

駅から出て半径1キロも歩けばかならずあるんじゃないでしょうか?

モンコックもジョーダンもチムサーチョイも

もちろんY-Loftのあるワンチャイ駅の近くにもあります。

DSC02185

んで、必要書類です。

パスポート+アドレスプルーフ(英語で書かれている物)

アドレスプルーフは英語で書かれていれば日本の住所でもいいんだけど、日本の住所で英語で書かれてるものなんて無いじゃん!!って思いながらバックパックをごそごそ。

今にも期限切れになりそうな国際運転免許証が出てきました。

これでも平気かな~Σ(´∀`;)とおもって渡してみたら・・・超手間取ってるご様子です。

偉い人が出てきてなにやら話し込んでいます。

あの~・・・だめかな?

『いえいえ、あまり前例がないもので、ただいま確認しております。大丈夫だと思いますが・・・』

待たされること20分。なんとかATMのカードを発行してもらえました。

預金残高が5000香港ドルを切ると毎月口座維持手数料が500香港ドルずつかかるらしい(´;ω;`)

まぁでもその金額になることにはどうせ全財産持ち歩いても平気だから関係ないですけどね。

DSC02290

最後に、ATMに行って初期暗証番号の変更をします。

これで準備完了。

そういえば一回お金を下ろすごとにHK$25ずつかかるとか言っていたような(;´Д`)

あとで説明書をちゃんと読んでみます。

下ろすときは大体1回に2万円分くらい下ろすからそんなに気にしてはいませんけど。

たくさん預金するとその他の手数料も全部無料らしいです。

訂正

ハンセン銀行の普通口座は、『窓口での取引に限り手数料がかかる』とのことでした。

ATMでの預金引き出しは無料です(`・ω・´)

広告

コメント / トラックバック3件 to “Hang Seng 銀行で口座を開く”

Trackbacks/Pingbacks

  1. 香港のATMカードを海外で使う (`・ω・´) お金持ちは優遇されてるなぁ (´;ω;`) « 逃亡中@香港のBlog - 2011年7月9日

    […] 明日からタイに行こうと思いました。それでせっかくだから前回作ったハンセン銀行のATMカードを海外で使えないか?使えるとしたら手数料がいくらくらいかかるのかを調べてきました。ついでに、口座を開くときに使えるアドレスプルーフに使える物も聞いてきました。 […]

  2. ニュージーランドの銀行の口座開設について(´・ω・`) 多国籍企業であるHSBCと現地のKiwi Bank « 逃亡中@香港のBlog - 2011年10月11日

    […] 一般受付でお話を聞いたところ、とりあえずアドレスプルーフが必要になるとのこと。アドレスプルーフというのは以前に記事にしたように英語で書いてある住所の証明。公共機関の支払証明などが一般的です。このアドレスプルーフはニュージーランドの住所のものが必要とのこと(´・ω・`) […]

  3. ニュージーランドの銀行の口座開設について(´・ω・`) 多国籍企業であるHSBCと現地のKiwi Bank | 逃亡中@香港のBlog - 2013年5月29日

    […] 一般受付でお話を聞いたところ、とりあえずアドレスプルーフが必要になるとのこと。アドレスプルーフというのは以前に記事にしたように英語で書いてある住所の証明。公共機関の支払証明などが一般的です。このアドレスプルーフはニュージーランドの住所のものが必要とのこと(´・ω・`) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。