香港のホテルが高すぎるあなたには、深センのホテルという選択肢もあります(`・ω・´)

14 6月

私の一番のオススメのホテル、ハーバープラザリゾートシティは、安い時は確かに5000円程度で泊まることができますが、必ずその値段で泊まれるという保証はありません。また、混んでいてそもそも泊まれないこともあるでしょう。そんな時、香港は便利です。お隣りの中国本土と陸路でつながっていますから、すぐに物価の安い本土に退避できる。ではまず、ハーバープラザリゾートシティにできるだけランクが近く安全なホテルの中で、私がおすすめするのがココ

DSC09592

ドドーンとたつ高層ホテル・・・だけど周りのビルに囲まれていて見つけにくいのですが(´;ω;`)

DSC09593

Holiday Inn Expressです。ちなみに、タクシーに連れきてもらうのが一番楽です。少し複雑なところにありますから。地下鉄1号線の駅、老街站から北に向かっていきます。なお、中国のタクシーで英語が分かる人はあまりいないので、快捷假日酒店と紙に書いて見せるのが一番です。一度場所を把握したら少々遠いですが、歩いていくことができます。私はバスを使いますが、一般の方はあまりおすすめしません。夜遅くなったらタクシーで移動してください。国境からでも1200円はしないと思います。

DSC09597

フロントは落ち着いています。ただ、客が多いので、止まっていない客が入ってきても止められないかもしれません(´;ω;`)

DSC09599

しかし、エレベーターは、この電子式のカードをささないと動かないので、危険ということはもちろんありません。まず宿泊客しかフロアには入れませんから。

DSC09603

さて、部屋です。二人部屋です。冷蔵庫はありません。(確か)無線LANが付いていますが、速度はぎりぎりスカイプが使えるか・・・というレベルです。

DSC09604

部屋からの眺めは・・・微妙です。場所によっては目の前が団地だったりします。

DSC09606

洗面所は清潔で、これでもホリディインの系列なのだと感心しました。

DSC09607

シャワーとトイレが同じところにあるホテルも多いのですが、ここはそんなことは無いので安心です。潔癖症なあなたでも全然平気でしょう。

DSC09608

シャワーブースも小さいですが、必要十分です。ただし残念なことに湯船はありません。

お値段は高い時や当日でもほとんど5000円を切ります。このホテルが満室になっていることはほとんどないように思いますので、とりあえずまともなホテルに泊まりたかったらここに来るといいでしょう。

DSC09898

また、ホリディイン・エクスプレスの特徴として朝食が付いています。ここでは無線LANが使えます。部屋より少し速いので、ネットがどうしても遅いときはこちらを使うといいでしょう。

DSC09905

チャーハンと焼きそば。正直美味しくなかったような・・・露店の焼き飯のほうがずっと美味しいですΣ(´∀`;)

DSC09906

肉まんやアンマンの中身の入っていないようなパン・・・まんじゅう?まぁそんな感じの物もります。

DSC09907

おかゆに春巻き。もちろん他にも色々ありますが、期待しすぎると泣きを見ます。そういえば、係の人もいなかったし、朝食券みたいな物も配られませんでした。ここに入った人は誰でも朝食にありつけてしまいます(^_^;)

これでお値段は3500円から5000円です。二人で泊まるなら、ココで十分だと思います。

 

さて、次は『高級ホテルには用はない、私は永遠のバックパッカーだ』という人におすすめするのが、一般の適当なホテル。一泊120元から180元ほどです。

DSC00312

そびえ立つビルの中に、その一区画をホテルとして貸しているというスタイルが一般的なようです。

DSC00316

同じビルの同じ場所に2つの別々のホテルのフロントが・・・Σ(´∀`;)

DSC00318

ベッドはまぁまぁです。この部屋は150元=2000円です。場所によっては夜ねるだけなら値切ると60元くらいになるところもざらにあります。

DSC00325

こちらはシャワールーム。ちょっと開放的すぎますね。この中に洗面所、シャワー、トイレがコンパクトにまとまっています。

DSC00330

部屋の装備はまぁまぁ。

ストレスなく滞在できるレベルです。

ただし、無線LANはほとんどなく、有線LANも部屋を選べばあるというレベルなので、事前に注意が必要です。通信環境を確保するなら、ホリディインのほうが安心ですね。こちらは朝御飯も付いてきません。

 

交通費は、普通に移動する場合は香港の空港からバスや地下鉄などを使うことで1200円あれば十分でしょう。高くても4000円あればつくと思います。

別の記事で、私のホームである元朗から深センまでの格安ルートと、24時間香港と深センを行き来できるハンガン国境線の渡り方をご紹介する予定です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。