香港に介護が必要な家族を連れていけるか?(`・ω・´)

9 7月

海外に移住したいけど両親をつれていくのが心配という方がやはり多くいるようです。特に体に障害を持った親御さんを持つ方にとっては深刻な問題のようです。そんなわけで、介護師などがいくらくらいで雇えるのかを訪ねてみました。

結論から言うと、香港では雇うとすればホームヘルパーになります。それもインドネシア人やフィリピン人。英語がしゃべれる方もいればしゃべれない方もいます。月給は一ヶ月あたりHK$3750で、日本円で5万円もしません。

DSC04152

ハーバープラザリゾートシティに併設されているショッピングモールの2Fにホームヘルパー派遣のオフィスがありました。

DSC04154

派遣できるホームヘルパーの情報が事細かに書かれています。年齢・性別から既婚であるかどうか。体重、身長、スリーサイズに家族構成まで。また、得意な仕事も書いてあります。障害者や高齢の方の対応が出来るかどうかもデータとして表示されています。

DSC04169

こちらはフィリピン人を主に派遣しているところです。

DSC04170

書式は少し違いますが、同様の情報が張り出されています。

しかし、一般のホームヘルパーと違い、契約期間などに制約があります。

 

雇用主となるための条件

・香港のIDカードを持っていること

・収入のチェックをクリアすること

 

ホームヘルパーの労働条件

・基本的には住み込みのため寝れる場所を提供すること(まるまる一部屋与える必要はない)

・契約期間は2年間

 

となっています。

香港で働くか、1億円以上の投資をしないと雇用主になるための条件を満たせない(IDカードが手に入らない)ので、まずは香港で仕事を見つけるところからになります。また雇用期間が2年単位と長いので、かなり本格的な移住を考えていないと難しいでしょう。

香港では共働きが基本ですので、このようなホームヘルパーを雇うことも少なくありません。でも、ご両親が高齢で、本人がもうすぐ仕事をリタイアするような場合には直接フィリピンに移住してしまったほうがコストも安く済みそうです。フィリピンの移住情報はまた後ほど書くかもしれません(`・ω・´)ゞ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。