海外に避難するなら通信は命綱、海外旅行するならSIMフリーの携帯電話を買おう。携帯電話を代理購入するかも(`・ω・´)ゞ

15 7月

ここのところ検索でのヒット数が増えてきているiPhone4の記事ですが、それに伴い香港に避難される方が携帯電話の購入を考えているという旨のメールも何件か頂きました。そこで改めて香港でiPhone4を買うメリットなどを紹介しましょう。ちなみに現在、店頭では超品薄です。

DSC04337

まずはなぜ香港で携帯電話を購入するのかですが、これは単純に長期間海外にいる際に『通信費を下げる』ためです。もちろん実際の通信費の差もありますが、設定を間違ってとんでもない額の請求が来てしまった(´;ω;`)などの問題もありますし、そのような失敗をしてしまうのではないかという恐怖も常にあります。そこで、利用するのが現地のプリペイドSIMカードです。日本のソフトバンクでは海外パケットし放題で25MB以上通信すると、すぐに1日あたりの通信料が2980円になってしまいます。これで10日間海外でパケット通信を続けた場合、約30000円の出費になってしまいます。ところが、現地のプリペイドSIMカードを使用すると香港でオススメのSIMカードの記事で紹介したように一日の通信料がわずか300円程度(HK$28)ですみ、さらにこのカードは海外ローミングができるため、海外で使用してもその通信料は一日わずか2000円程度(HK$168)で済みます。中国、マカオならHK$98。現地でパケット通信定額のSIMカードを見つけるまでのつなぎに使うにもぴったりです。ただ、こちらの方は少しだけ対応可能範囲が小さいので、。そのかわり、プリペイド式ですので設定を間違っても現在自分のチャージしてある金額以上の課金を避けることができ、また海外でSMSを送るのもソフトバンクの携帯から送るよりも全然安い(50円くらいかな?)です。友達同士で持って海外でSMSで連絡をとりあうというのもありですね。くわしくは3 Hong Kongのサイトで確認して下さい。

そして、『なぜこのiPhone4を香港で購入しなかればいけないのか』についてですが、理由は簡単です。日本のソフトバンクで契約したiPhoneでは海外で現地のSIMカードが使えないようにロックされているからです。よって、このロック(SIMロック)がかかってないiPhoneを手に入れるために香港で購入するわけです。

私の考える理想的な装備としては

・SIMロックフリーのiPhone

・海外でデータ定額の使える3 Hong KongのSIMカード

・3 Hong Kong用のリチャージ用バウチャー$HK100×4枚

・iPhoneで使うためのGmailのアカウント

もちろん香港のプリペイドSIMカードは海外からでも簡単リチャージが可能ができます。最初からチャージしておかずに、リチャージ用のバウチャーを用意する理由は『設定を間違って現在装填中のSIMカードの残高を使いきってしまった場合の備え』です。特に、海外パケット定額を使うときは事前に登録(現地で無料でできる。*127*31#と電話をかけるだけ)が必要です。

あとは難しいところとしてはAPN(Access Point Name)の設定でしょうか?

DSC09747

写真左側の赤いパッケージの場合はAPNはmobile.three.com.hkで、初期のまま変更する必要がないのですが、私のオススメの白いパッケージの方はimobile.three.com.hkです。この部分を覚えていないとデータ通信をすることができません。APNの設定方法については”iPhone4 APN 設定”でググると出てくると思います。

これらの赤いパッケージ、白いパッケージは秋葉原でも見かけたことがあるので、興味のある人はそちらで購入してもいいでしょう。

 

さて、そんなわけで、iPhone 4を対象に現在携帯電話の代理購入のサービスを始めようかと考えています。と言っても、現在匿名でブログを書いている私と取引をするのは非常にリスクが高いので、学習ボランティアの記事で紹介させていただいた土屋さんに取引の仲介をお願いすることにしました。

一番簡単でトラブルがないのは、香港のアップルのオンラインストアでクレジットカードを使ってiPhoneを購入し、土屋さんか私の住所に送って転送してもらうことでしょう。手数料は1台あたり3000円で、これに香港からの送料がかかります。送料も2000円はしないはずです。この時に希望があれば上記SIMカードを付けることもできます(`・ω・´)ゞリチャージ用のバウチャーであれば、メールでPINコードを送信しますので送料などはかかりません。ただ、手数料として額面+20%ほどの手数料をおねがいします。もちろんインターネット上でもチャージできますので、ご自分でクレジットカードでチャージするというのもありですね。ただ、香港の外を旅行中に緊急でチャージしなければならなくなったときはリチャージ用のバウチャーを持っている方が安心ですね。

リスクが高いと思いますが、本体の代金を振りこんでいただきこちらで代理購入することもできます。その場合は手数料として5000円ほど負担してください。ここに別途送料がかかります。ただし、冒頭でも書いたとおり香港の店頭ではiPhone4は超品薄ですので、こちらは商品が見つからないなどのトラブルが予想されますのであまりおすすめできません。

昨日まではアップル公認のストアでは在庫を持っているところが一件もなかったのですが、今日は尖沙咀(チムシャツイ)のiWorldでブラックの16GBと32GBに数機在庫が有るとのことです。

DSC04286

場所は地下鉄尖沙咀(チムシャツイ)のC2出口のすぐそばです。

なお、『空港でiPhoneが購入できないか?』というご質問を頂いたのですが、本日確認したところ空港での取り扱いは無いようでした(出発・到着ロビー共に)

DSC04306

フォートレスはアップル公認のストアなのですが。空港では取り扱いがないとのこと。

DSC04307

Mac Bookは売っていたのに・・・Σ(´∀`;)

iPhoneは利幅が少ないのかもしれませんね。

 

さて、次回以降はグアムのコンドミニアムと、ベトナム、カンボジアの空港から市内までのトランスポーテーションをご紹介しようと思います。バンコクは・・・用事ができて行きそびれてしまいました(;´Д`)

 

追記

iPhoneやその他SIMカードなどの購入の相談はrunaway.from.japan@hotmail.co.cjpまでお願いします(`・ω・´)ゞ

広告

コメント / トラックバック2件 to “海外に避難するなら通信は命綱、海外旅行するならSIMフリーの携帯電話を買おう。携帯電話を代理購入するかも(`・ω・´)ゞ”

  1. るん 2011年7月18日 @ 3:28 AM #

    その後喉の調子はどうですか?

    • 逃亡中@香港 2011年7月18日 @ 6:00 AM #

      完全に治りましたよ(`・ω・´)
      もしかすると、何か『なれることができる』物質かもしれませんね。
      日本にボランティアに行くというクリスチャンの人たちがいるので、帰ってきたら様子を聞いてみようと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。