シンガポールに深夜着いたら、貧乏旅行だとタクシーはつかいたくないよね(´;ω;`)

24 7月

私は基本的にバックパッカーなので(実は日本でもそうなのだけど)、基本的にはネットカフェ難民レベルの生活を海外でおくれる方向の情報を提供していますが、なぜここで物価の高いシンガポールなのかというと、『チケットが安いからとりあえずシンガポールに降りてみるべ』という理由でシンガポールに降りてみるバックパッカーがいる可能性が結構あるからです。かくいう私もその一人。マレーシアやインドネシアに渡るときに、デルタ航空がシンガポールまでの格安なチケットを販売していた時期があって、それにJetStarとかAirAsiaとかを組み合わせるのを考えていたりと、そんなことをしていました。

で、問題になるのが到着時間です。安いチケットには安い理由があります。日本からシンガポールに行く場合は特に『深夜に到着して身動きがとれなくなりやすい』という問題があるのです。

で、どうしても市内まで出なければならない場合は、基本的にタクシーか乗合タクシーのどちらかになります。タクシーを使うと3000円ほどかかるみたいですが、乗り合いタクシーを使うと9シンガポールドルですみます。

それではいつも通り、順を追って乗合タクシーに乗るまでの順路を飛行機を降りたところから説明していきます。

DSC00918

まずは飛行機を降りたところ。

DSC00919

みんながぞろぞろ歩いて行くのでそれについて行きます。

DSC00921

基本的には看板がナビゲートしてくれますので、それに従って歩けばよし。

DSC00927

デルタ航空に乗ってきた場合、必ずこのスターバックスの近くを通ると思います。実はここが結構重要なポイントで、バックパッカーのあなたは必ずこのポイントを覚えておいてください。乗合バスは入国審査を済ませた後に手続きをするのですが、手荷物を全く預けてない人は深夜に入国審査を受けないでうろうろするっていう手があります。

DSC00922

例えばラウンジとか。スターバックスの近くにあるラウンジは午前2時半から営業してたはずで、スタッフによっては到着時にも使わしてくれます。あなたが各航空会社の上級会員の場合は言ってみるのをオススメします。ビジネスクラスに乗る人でも使えるけど、そういうひとはこういうとこで節約しないと思うし。ちなみにここのラウンジにはシャワーがあるので、リフレッシュにはもってこいです(・∀・)

DSC00923

ちなみに、このラウンジの下ではインターネットが無料でつなげてしまったりするので、PC持参の人はこっそりつないでもいいかも。でもあんまり頻繁にやると対策されてしまうかもしれないからこのラウンジの真下でタムロしまくったりしないでください。

DSC00924

両替所もこの近くにあります。

DSC00925

幾つかの両替所があるけど、レートはそれほど悪くないです。日本円から両替してもドルから両替してもほとんど差がないので、日本円のまま持って行って両替するのがベターでしょう。できれば全部両替してしまったほうがいいでしょうね。

空港で寝泊まりする人も、とりあえずはここで両替することをお勧めします。なんでかというと、シンガポールドルがないとスタバでお茶ができないから。

DSC01687

こんなふうにベンチの後ろで寝っ転がっている人もいれば

DSC01690

優雅にスターバックスでお茶をしている人もいます。もし徹夜をするなら、スタバがオススメかな?さっきのラウンジが使えるタイプの人は、スタバでお茶をしてラウンジが開くのを待つのもよいでしょう。スタバの値段は日本より少し安かったと思います。

DSC00926

ちなみに、両替所でSIMカードを購入することが出来るので、SIMフリーの携帯電話を持っている人はここで購入してしまうのも手です。ただ、街中まで出たほうが通話料が安かったり、データ定額プランが使えたりと良いSIMカードが買えるのですが、情報収集をほとんどしないでシンガポールに来てしまったという人はここでデータ通信用のSIMを購入したほうが後々節約になることが多いです。

DSC00928

何種類かのSIMカードがあるけど

DSC00929

私のオススメはSingtelのSIMカード。7日間で1GBまで7シンガポール・ドル。空港だと安いSIMカードでも50シンガポールドルほどします。DSC01002

街中に出たらこの半額未満の額のSIMカードも。インドネシアのバタム島に向かうフェリーが出ている港で見かけたのは18シンガポールドルのSIMカード。一般的にはこれで十分ですね。

DSC00932

ちなみに空港で売っている50シンガポールドルのSIMカードは$28だけ使用可能だそうです。1GBのパッケージは*363をダイヤルするだけ。このSIMカードは深夜でも購入できるので、心配な人は是非購入しておきましょう。

DSC00937DSC00938

さて、これでひと通りの準備ができたわけです。後は市内に出る深夜乗合バスまでレッツゴーです。もちろんこのエリアの中にもホテルはありますし、空港野宿も警備員とかがいるのでそれほど危険ではありませんから、個人責任でどうぞ(・∀・)

DSC01859

階段を降りてイミグレーションに向かいます。

DSC01861

夜が明けるまで待つと、かなり人が増えてきます。

DSC00942

そしてイミグレーションを抜けると、手荷物を受け取る場所があります

DSC00944

そうなんです、機内に荷物を預けたまま入国審査を受けずに空港内をぶらぶらしていると、ここに荷物を放置することになってしまうのです。よって、たくさん荷物がある人はどうしてもすぐにイミグレーションを抜けなければならないのです。さもないと、写真にあるように荷物がぽつんと取り残されるという事態が・・・

DSC00945

そしてATM、Citibankや新生銀行の口座を持っている人、クレジットカードを持っている人もココで現地通貨を手に入れることができます(・∀・)

DSC00946

ふぅ、そしてやっとたどり着きました。ラゲッジピックアップを出たら目の前に乗合バスのカウンターが。

DSC00947

主要ホテルまで一人$9です。たぶんシンガポール・ドル。バスは1時間に一本くらいのペースで出ていたと思います。

DSC00952

と言っても、鉄道が朝の5時には動き始めるから、わざわざ市内に出る必要ないという人がほとんどかもしれませんね。ただ、日本からシンガポールまで7時間程飛行機に乗った後、5時間も待てる根性があるなら・・・ですが。

あと、間違ってイミグレーションから外に出てしまったあなたも心配無用です。

DSC02638

少なくとも水飲み場とトイレはありますし。

DSC02643

24時間営業のマクドナルドもあります。

DSC02653

値段も日本より少し安いくらいなので、マック難民するのもいいかもしれませんね。

DSC00953

しかし、それでは満足ができないあなたは、夜のシンガポール空港の外を練り歩きたいかもしれません。

DSC00954

実はターミナル2の駐車場の脇に、小さなファーストフード店があるのです。

DSC00956

もちろんクーラーはきいていないので激熱いですが・・・

DSC00957

具の入った揚げパン、なんという名前かははかりませんが、100円から150円程度の値段で購入できます。

DSC00958

写真に写っているのは中がカレー味のもの。

DSC00959DSC00960

他にも、心くすぐられる食べ物がいくつもありました。あなたも、シンガポール空港でちょっとしたドキドキを味わいたかったら、この店に訪れてみてください。

昔、ゲームで隠しマップや隠しステージを見つけたあの時の興奮をもう一度(・∀・)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。