ジャスコで日本食をあさる@香港

3 8月

海外でさらなる日本食を追求するべく、香港のジャスコに出向いて参りました。他にそごうもあるのですが、ジャスコのほうが家から近かったもので・・・Σ(´∀`;)

前回の記事のコメントに、『もっと気合入れて料理するからもっと色々な調味料を調べてこいや(゚Д゚)ゴルァ!!』的なものがあったので追加で調べて来ました。ふふふ、こっちに来ることがあったらいろいろつくってもらいますわよ(・∀・)とか思いながら・・・

将来、海洋汚染が大きく広がる可能性も考えて、塩やケチャップなどの産地も細かく調べて来ました。

さて、問題のジャスコですが、私のオススメするハーバープラザ・リゾート・シティから乗り換え一回で行けます。

DSC04810DSC04812

ただし、現在はJUSCOの入っている建物が改装中で、ジャスコの食料品売り場に行くのが一苦労です。衣料品売り場の脇にあるエスカレーターで入ります。

DSC04813

最初に目についてしまったのはソース焼きそばΣ(´∀`;)

もちろん日本製です。中国製は明らかに味が違う。

DSC04816DSC04817

そして問題のおそば。ありました。明らかに日本のそばとおなじようなものが。韓国産で400円程度。

DSC04818DSC04821

そしてこちらは中国産のそばです。値段は100円くらい。気軽に食べれますね。これも購入したので後ほど試してみようと思います。

DSC04823DSC04824

もちろん日本産のそばもたくさんおいてあります。ココにあるということは、放射能汚染前のストックか、香港政庁の検査にパスしたものだということでしょう。

DSC04825

ココにもありました。オタフクソース。たこ焼きソースなんてのもありますね。

DSC04827

そして日本人には欠かせないお味噌。残念なことに全て日本の製品です。そもそも味噌を使った料理なんて日本しか無いですしねΣ(´∀`;)

DSC04828

来ました、ド本命のとんかつソース。でもこれも全部日本製です。昔なら安心だった日本製品ですが、これから数年間は気をつけていかなければいけないかもしれませんので、できればこれの海外版が欲しいところです

DSC04830DSC04831

そしてグルグル回った挙句に見つけたのがイギリス製のウスターソース。250円くらいでした。

DSC04833

一応辞書で調べてみると、確かにウスターソースのようです。よかった、これでブルドックソースにはかなわなくても、とんかつを食べるときに違和感なく食べることができます(*゚∀゚)

DSC04834

日本のカレーライスもそれなりに人気の様子。でも、このタイプのカレールーは全て日本産だったので、まぁ無理だろうと思っていたのだけど・・・

DSC04835

中国語のパッケージ(・∀・)。もしかしたら中国産かもしれないとドキドキしながら箱の裏を見ると・・・

DSC04836

残念なことに日本製でした(´;ω;`)

DSC04837

しかし、かなりの数の人が、日本製の調味料などを買っているのを見ると、『まだまだ日本の食品も安全だと思われているのだな』と感じました。

DSC04845

そして、たまたま見つけた『蒸魚鼓油』。魚醤のことかな?

ジャスコでチェクしたのはココまでです。残りはハーバープラザリゾートシティの近くのPark∩Shopで確認してきました。

DSC01868

最近特に私がよく行くところです。このチェーンの売り場面積としては私の知る限りでも最大級です。

DSC04905DSC04906

あるのが当たり前の砂糖ですが、産地を確認すると韓国。

DSC04907DSC04908

そして別のブランドのものもチェックしてみたけど、やっぱり産地は韓国。大容量の白砂糖は韓国産を使っているみたいですね。なんで中国産じゃないのだろう?

DSC04909DSC04910

ちなみに女性の方に人気(かもしれない)太らない砂糖はトルコ産でした。さっきの青いパッケージの砂糖が2キロ以上で300円くらいだったから、たったの350gで同じ値段のこの砂糖はお値段6倍以上(゚д゚)!でもこの手の砂糖は普通の砂糖の数分の一でも結構甘いのだったかしら?

DSC04911

食塩、ニュージーランド産のものが700gで160円くらい。

DSC04912DSC04913

イギリス産のものは350gで300円と値段が4倍も違う。でもイギリスも放射能漏れしてたことありましたね・・・セラフィールドだったかな?

DSC04914

日本産だけど、ほんだしが売っていました。結構前に入荷したものなのかな?270円くらい。

DSC04916DSC04917

一袋1000円ほどの干ししいたけ。大量に入っています。中国産です。

DSC04921

ちなみに乾物系は香港ではかなり種類があります。残念なことにニボシやカツオブシはないのですが、その代わりにエビや貝柱の乾物が結構あるんです。なんとか代用にならないかな?ちなみに昆布とかは見当たりませんでした(´;ω;`)

DSC04919DSC04920

そして、とんかつを作るのに欠かせない片栗粉。日本のものはじゃがいものでんぷんを使っているみたいですね。残念ながらココにはなくて、コーンのSTARCHだけがありました。これを片栗粉の代わりに使おうとすると、とんかつの衣が剥がれてしまうのです(´;ω;`)。でも人によっては小麦粉でもイケルらしいですね(・∀・)

DSC04922DSC04923

緑豆春雨(だと思うもの)130円。中国産です。

DSC04925DSC04926

前回産地を見そこねたカレー粉。中国産でした。カレー粉にも種類があるらしくて、塩とか色々入っていると使いにくみたいなのだけど、区別がつかないです(´;ω;`)

DSC04928DSC04929

こちらはカレー葉?120円くらいでした。

DSC04930DSC04933

別ブランドのカレー粉。中国でパックされたと書いてあるから中国製なのかな?

DSC04934

あとは『中華のもと』みたいな調味料とか言われていた気がするのだけど、よくわからないので写真を一枚。結構な種類のダシが売っていると思うのです。

DSC04936DSC04937DSC04938DSC04939

ケチャップも見てきました。これはアメリカ産のもの。230円。最初ハインツかと思った。

DSC04940DSC04941

これは有名なデルモンテ。200円。アメリカ産。

DSC04942DSC04943

さっき砂糖でもあったけど、これはこのスーパーのオリジナルブランドでBEST buyのケチャップ150円。安いと思ったら中国産Σ(´∀`;)

DSC04944DSC04945

手巻き寿司の海苔がありました。でも残念ながら日本産。

DSC04947DSC04948

液体のスープ類。鶏がらとか豚とが牛とか。これも中国製。

DSC04949

豆とかコーンとかの缶詰もたくさん売ってます。

DSC04950

魚の缶詰も種類豊富。

写真は撮らなかったけど、SPAMとかお肉系の缶詰も売っています。

DSC04951

ちなみに、他ではまず見られないであろうアワビの缶詰。高いものは2500円以上しますΣ(´∀`;)

ふぅ、いかがでしょうか?ほとんどメイド・イン・チャイナですね。中国も原発を増やすと言っているし、いまいち信用が置けないことをする(過去の毒入り粉ミルクとか)ことがあるので、いずれ中国産を抜いてどれだけの食材が集まるか調べてみたいとも思います。

コメント / トラックバック7件 to “ジャスコで日本食をあさる@香港”

  1. みどり 2011年8月3日 @ 11:12 PM #

    カレー粉は今後スパイスをブレンドして作るつもりですが、いろんな物があって楽しそうですねえ。
    アメリカ産のケチャップなら欲しいかも。
    アメリカも原発あるけれど、お菓子類はアメリカ物結構食べてます。
    アジアのお菓子本を参考にしておやつ作ろうと思ってますが、タイあたりは大丈夫と思ってます、今のところ。

    • 逃亡中@香港 2011年8月4日 @ 12:20 AM #

      カレー粉のブレンドかぁ・・・カッコイイですね。
      私は自分で作るときはカレールー入れるだけΣ(´∀`;)
      だから日本のカレールーが尽きたら、誰かに作ってもらわない限りおそらくもう食べれないです(´;ω;`)
      お菓子は香港でもアメリカからの輸入が結構あるので大丈夫なのではないでしょうか。
      でも心配なら自分で作るのが確実ですよね(^_-)-☆

      • 放射能さん@お腹いっぱい。 2011年8月4日 @ 5:38 AM #

        http://item.rakuten.co.jp/nissyoku/10001316/

        初心者に優しいカレースパイスセットGABAN

        これ、うちではキーマカレーにつかってるにゅ。
        大鍋いっぱい分の量ですお。
        辛過ぎるからカイエンペッパーは少し控えめにするといいかも。

        うちのレシピだと
        トマト5~6個(これはベクレたので缶のホールトマトでおk)
        ひき肉400g(これも輸入でおk 合びき、もしくはラム肉でもOK)
        人参3本(これは(;つД`) 日本ではもうむりぽ)
        玉ねぎ3個
        赤ワイン1本
        ココナッツミルク1缶
        塩適量
        ローリエ4枚ほど
        バター10g
        コンソメキューブ2個

        人参、玉ねぎはみじん切りでひき肉とともにバター5gで炒めます。
        炒めたところにスパイスどちゃっと景気良くいれます。
        ココナッツミルクと赤ワインとトマト(生なら湯剥きしてみじん切り・缶ならつぶして)を入れて5~6時間コトコトと弱火で煮込みます。
        赤い油が浮いてきても気にしない(`・ω・´)
        アクをとりつつ水分足りなかったら赤ワインを足しましょう。
        塩とコンソメキューブで味を調え最後に風味付けにバターの残りを入れて完成♪

        簡単だお(`・ω・´)
        あ、ちなみに煮込んでるところに鶏もも肉をぶちこむとすっごくジューシーなお肉も食べれて(゚Д゚ )ウマー

        量がハンパないのでスパイスをMIXして小分けにして作るか、一気に作ってジップロックで一食分づつ冷凍するかがおぬぬめだぬ。
        2~3ヶ月は大丈夫。
        って、香港にGABANなかったらどうしようっw

        • 逃亡中@香港 2011年8月4日 @ 11:34 AM #

          調べたら香港にもGABANは会社を設立しているみたいですね。
          あとでまたいろいろ調べてみますお(・∀・)
          次はそごうかなΣ(´∀`;)

          しかし、カレー好きだねぇ(*゚∀゚)
          ワシが富豪になったら是非とも我が家のコックになってもらいたいですお( ´∀`)
          後でコメント欄にあるレシピをφ(..)メモメモしとかなきゃ(・∀・)

          • 放射能さん@お腹いっぱい。 2011年8月4日 @ 1:25 PM #

            ふふふ( ̄ー ̄)

            じつは高校生の時にやたらカレー作りにハマってたことがあるのだ。
            じいちゃん直伝?そばやのカレーから野菜ルーカレーから本格カレーまで毎週カレーを煮込んでたんだお。

            香港さんが富豪さんになったらメイドさんになるっ!

            ちなみに
            http://www.nicovideo.jp/watch/sm4406244

            これで出てくる自由軒カレーが食べたくて、でも通販高いんで、鍋底カレーを使って作ってみたら結構いけたでござる。

            カレーとウスターソースと生卵の味がなかなかにマッチしてて
            (゚Д゚ )ウマー

            残り物のカレーに少しヨーグルトor牛乳or水足してご飯ぶち込んで混ぜ混ぜ炒めて卵乗っけてウスターソースかけて混ぜ混ぜして食べるだけでござる。

            急にコレ食べたくなったときは玉ねぎみじん切り炒めるか市販の玉ねぎスープ系(オニオングラタンスープの素とか)にカレールーぶち込んでご飯投入以下同文。
            安上がり飯でもある(´・ω・`)

          • 逃亡中@香港 2011年8月5日 @ 5:25 PM #

            カレーな女子高生(・∀・)
            超萌える感じがする(`・ω・´)

            頑張って富豪になってカレー専用シェフとしてメイドをしてもらいますお(*゚∀゚)

Trackbacks/Pingbacks

  1. 『そごう』で日本食をあさる@香港 « 逃亡中@香港のBlog - 2011年8月5日

    […] 以前の記事で日本産の海苔以外見つからないと書いたのですが、英語表記の海苔のパッケージを発見。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。