深センから香港空港への深夜のトランスポーテーション+深センのホリディインエクスプレスのネット接続環境(・∀・)

21 8月

最近ブログの更新があまりなくてすみません。

いろいろ調べてきたので、まとめて記事にしていきます。

今のところ手元にあるネタは

・空港ラウンジの食品の安全性

・機内食の食材の産地

・機内での飲み物サービスについて

・粉ミルクのんでみてレビュー

等々です。

前回、香港空港から深センまでの簡単トランスポーテーション(深夜着)をやったので、今回は逆方向を調べなおしてきました。

DSC05571

まずは深センのホリデイ・イン・エクスプレスに宿泊しました。

DSC05578

一人での宿泊なので今日はクイーンベッド(・∀・)

DSC05582

18階に宿泊しました( ´∀`)

DSC05588

そして無線LAN接続チェック。

DSC05589

香港の空港(到着ロビー)ではダメだったけど、ここではちゃんとログイン用の画面が出てきました。

DSC05590

Terms&Conditionsに同意してやると・・・

DSC05591

無事に接続されました(・∀・)でも、スカイプとかやるには少し厳しそう(´;ω;`)

DSC05653

さて、具体的にハンガンボーダーまでの移動ですが、一般的にはタクシーで8km程度の距離なので、500円~1000円くらいでしたが、私はケちんぼですのでバスに乗りました(´・ω・`)

DSC05657

バスのチケットは車内のチケット売の人から買います。

DSC05658

2元・・・って30円くらい。

DSC05662

ハンガン・ボーダーに到着。

DSC05664

バス乗り場から上に登って・・・

DSC05668

ひたすらまっすぐ進むとイミグレーションがあります。写真撮影は禁止でした(´;ω;`)

DSC05682

そして、しばらく歩くとバスのチケット売り場が。しかし香港空港行きのバスは見当たりません(´;ω;`)そんなことを考えながら歩いていると、香港空港までの乗合タクシーの客引きのお兄ちゃんを発見。朝4時に空港まで行くシャトルが150元だそうです。朝6時だと130元だとか。面倒な乗り換えを考えると、この辺りを使うのも悪くなさそうです。

DSC05643

ちなみにホリデイ・イン・エクスプレスから直通のバスも出ていてこちらは200元です。空港までは2時間ほどかかるそうなので、朝一番のデルタとかには間に合いませんね。一番早いバスでも6:30発なので(´;ω;`)

DSC05687

深センのミグレーションを抜け、建物を出て左側に行くと、香港の街中に出るバスがあります。

DSC05694

モンコックまではHK$35。深夜便だとHK$45。香港空港まで手間を省いていくならやはりシャトルバスがおすすめです。

DSC05698

バスに乗って移動します。実は深センのイミグレーションは抜けているのですが、香港のイミグレーションは抜けていません。つまり緩衝地帯ですかね。

DSC05704

バスに乗って橋を渡ります。西の方に福田口岸と落馬洲を結ぶボーダーが見えます。実はすぐ隣なんですね。

DSC05706

バスはすぐにつきます。

DSC05707

んで、一回降りて香港のイミグレーションへ。

DSC05709

入国書類を書きます。

DSC05713

んで、イミグレーションを出て進むと・・・

DSC05718

さっきのバスが待機しています。

このバスでモンコックまで行った後は昼ならA21のバスで、夜ならN21のバスで空港まで行くことが出来ます。でもあまり節約できるというほどではないので、時間がないときは素直にシャトルバスを使ったほうがよさそうです(・∀・)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。