アーカイブ | 10月, 2011

とりあえずニュージーランド産の粉ミルクを日本に入れます。

18 10月

過去に二回安全なミルクを求めて・・・香港の一番人気はオーストラリア産(・∀・)オーストラリア、ニュージーランドの粉ミルク@香港で紹介してきた粉ミルクですが、ニュージーランド産の粉ミルクですが、yahooオークションで出品することになりました。

ヤフーオークションのページはここから見ることができます。売り切れの場合は同じIDで出品しますので、そちらから御覧ください。

また、同じ商品を販売しているサイトがありましたので値段は少々高いですがYasmeenさんのサイトも参考にされてください。ただ、私も検索しただけなので、ココで注文して問題が起きた場合でも一切の責任は負いませんが・・・

法的な問題が発生するのではないかということを考えていたためずいぶんと行動が遅くなってしまいました。

今年いっぱいはこの形で粉ミルクの日本への個人輸入のお手伝いをしようと思っています。

そして残念ですが、しばらくしたらこのサイトは閉鎖(もしくは更新停止)しようと思います。

現在の日本の状況では当初のコンセプトであった海外への中期、長期避難では状況の打開は望めず、また私自身が避難生活の限界でもある為です。

長い間ご愛読いただきありがとうございました。

もしかしたらたまに更新するかもしれません。

広告

ニュージーランドの銀行の口座開設について(´・ω・`) 多国籍企業であるHSBCと現地のKiwi Bank

11 10月

ニュージーランドに銀行口座を開くメリットは・・・多分無い(´・ω・`)

ニュージーランドに住むのでもない限り(;・∀・)

特に外国人は債券とかその他いろいろ税金が現地の人より多めにかかるし、扱ってる金融商品もそれほど運用向きではないみたいだし。

皆さん不動産に投資するのが一般的なようですしね。

でもまぁ調べたのでとりあえずは記事にしておこうかと(´・ω・`)b

DSC08817

まずは私がもっているCitibankのATMが使えるであろうCitibankへ行って見ました。私のカードはいろいろとあって海外での引き出し手数料が無料なのです(´・ω・`)b

DSC08821

が・・・

「ごめんなさいね、個人は相手にしてないの」

ふざくんぁぁぁぁ(#゚Д゚)ゴルァ!!

当然ATMもおいてないから

「提携銀行で手数料払ってお金下ろしてね♪」

じゃぁHSBCの方が有利なのかも(´・ω・`)

でも東欧の方はCitibankの方が強いのよね・・・

 

そして次に向かったのがCitibankと並んで全世界に展開中のHSBC(´・ω・`)

イギリス資本なので、かつて植民地だった国で強いのがHSBCの特徴ですね。

DSC08484

港の近くのでかいビルの1階にありました。

DSC08486

一般受付でお話を聞いたところ、とりあえずアドレスプルーフが必要になるとのこと。アドレスプルーフというのは以前に記事にしたように英語で書いてある住所の証明。公共機関の支払証明などが一般的です。このアドレスプルーフはニュージーランドの住所のものが必要とのこと(´・ω・`)

DSC08491

と、ここで一緒に旅をしていた男性が

「あ、ワシそういえばHSBCのプレミア持ってるけどココで使えるのかな?」

とのこと。

HSBCのプレミアムのカウンターはエレベーターで昇って行くとあるようでした。

確か8階かな?

DSC08496

そこで、せっかくだからHSBCプレミアムの口座を開くときに必要なものを尋ねてみると、

「口座を開くには100万10万NZドルのお金が必要です。証明書類はパスポートだけでOKよ」

とのこと。

最低預金額700万円近くって、金持ち専用かい!!と思いながら、預かったHSBCプレミアのATMカードをちらっと見たところ、それを見た受付の女性が

「あら、別の国のHSBCのカードを持ってるの?だったら、無条件で口座開けるわよ?」

とのこと。

別に最低預金額とか、そういうものも、身分証明証とかもなんにもなしで口座を開いてくれるみたい。

もちろん年会費無料(´・ω・`)b

どんだけ金持ちにやさしいのよ(#゚Д゚)ゴルァ!!

DSC08498DSC08497

一応、口座開設のパンフレットはもらったけど、とりあえず一般人には関係のないレベル・・・(´・ω・`)

そんなわけで、次に向かったのがニュージーランドの郵便局ことKiwi Bankです。

DSC08824

ここならきっと庶民にも優しいはず(´・ω・`)b

DSC08825

中に入ると、まさに郵便局(;・∀・)

DSC08828

ここでは、アドレスプルーフの他に、3ヶ月以上ニュージーランドに滞在できるVISAを見せる必要があるとのこと。

不動産屋で「部屋を借りるには銀行の残高証明が必要なのよ」と言われたのだけど、そうするとアドレスプルーフを得るのには銀行口座が必要で、銀行口座を解説するときに使うアドスプルーフ用の住所に使う部屋は銀行口座がないと作れないという無限ループに(;・∀・)

という話をカウンターでしたら、長期滞在をするようなホテルではアドレスプルーフを出してくれるとのことでした。

と言うことは・・・香港のホテルでも出してもらえるのかな?

後で確認をしてみなければ(´・ω・`)

飛行機の乗り継ぎ。もしも時間があるのなら・・・。あなたは街に出ちゃったりする?サンフランシスコでキンメダイを買う(・∀・)

1 10月

ニュージーランドの不動産と銀行について書こうと思っていたのですが、ちょっと愉快なことがあったので番外編で記事を書こうと思います。

話半分で面白く書いてるので、事実とは多少異なったりします。もちろんこの記事の通りに行動すれば、同じような事ができるのだけは保証しますが・・・(;・∀・)

そう、これは最近アメリカに行った時のこと、知り合いの敬虔なカトリック系のクリスチャンの若い女性からリクエストを受けました。

「ちょここ!!ちょここちょここ!!ちょこことキンメダイ買ってきて欲しいの!!」

意訳すると、チョコレートと金(メッキ)でできた『不思議のメダイ』を買ってきて欲しいとの事のようです。

アメリカはチョコレートも激安です。

なんと1kgあたり1000円(・∀・)

DSC01013

「m&mが1.2kgで1200円くらいだけど買ってく?」

小分けにされてないm&m、開けたら最後、1.2kgを消費し切るまでずっとチョコに付きまとわれます。見つけたときはさすがにビビりましたが、パーティー用とかでしょうか?

「3個お願いします!!ぜひっ!!」

「・・・え?」

「3袋買ってきて欲しいの・・・」

「あの・・・小分けじゃないんですけど・・・(;・∀・)」

ってか3袋って3.6kgですわよね?

「お口に溶けて、手に溶けなーい♪ 震災の備蓄で大人買いしたブラックサンダーはとんでもないことになったけど、m&mなら平気!!3袋買ってきて!!」

その敬虔なクリスチャンの女性はとても少食でミルクの好きな可愛らしい女性ですが、チョコレートも大好きだったようです。

残念なことに売れ筋商品(ってかみんな食い過ぎだよ(#゚Д゚)!!)だったらしく、2袋しか買えませんでしたが、とりあえずはそれでいいとのこと。

そして問題はキンメダイの方です。

私が滞在したのはTallahasseeというフロリダの州都なのですが、これがまたど田舎で洒落にならないほどの不便な場所なのです。空港からの移動手段がなんと、レンタカーとタクシー、そして徒歩しか無いという(´・ω・`)

そしてこの『不思議なメダイ』というのはカトリック系の教会でないと購入できないらしいのですが、Tallahasseeにあるのはバプテストの教会ばかり、そして平日はどこも空いてないっていう・・・(;・∀・)

それどころか土日はバスが走ってない区間もあるんです(´;ω;`)

そんなわけでちょっと諦めかけていたのですが、その敬虔な女性は

「もしも買えたらでいいの。キンメダイ売ってたら買ってきてもらいたいの・・・」

若い女性にそんな風に言われたら頑張らないわけには行きません。

サンフランシスコに夜中の1時について、12時間後の午後1時に出る飛行機に乗る区間があり、空港間近のクラウンプラザに宿泊予定でしたがこれを急遽キャンセルし、空港から朝一番の列車で街中に向かうことにしました。

飛行機は午後1時だから、結構時間には余裕があるということで、サンフランシスコでキンメダイ(金メッキの不思議のメダイ)を購入することにしました。

女性の話ではグレース大聖堂という有名な聖堂があるらしく、そこで買えるのではないかとの事だったので、そこで購入することにしました。教会はかなり朝早くから開いているらしく、時間的には非常に余裕があると考えたからです。

ところが・・・ホームページを調べてみると、どうやらギフトショップは朝の10時にオープンする模様です。

私のフライトが午後1時でショップが開くのが午前10時。

どれほど時間を切り詰めても1時間前には空港についていなければなりません。

そしてホテルに泊まらないことにしたので、空港のラウンジ(お試しでスターアライアンスゴールドのステータスを手に入れたので使えるのです)でシャワーを浴びないと、その後のロングフライトに耐えるのが大変厳しいです。ついでにラウンジで色々食べたいのでラウンジでの時間が1時間は欲しいところです(´・ω・`)

サンフランシスコ国際空港の地下鉄駅からグレース大聖堂の最寄りの駅Union Square Powell Stまで電車で約30分、駅からグレース大聖堂まではだいたい徒歩で1.5kmくらいの距離でしょうか・・・大体15分くらい?つまり空港に2時間前につくためにはわずか15分しか買い物の時間は無いということです。電車の待ち時間まで考えたらわずか数分(;・∀・)

しかし、ラウンジの時間を削ることで時間の調整が可能なので、実質1時間程度は使えると思ってもいいかもしれません。

空港を出る前にチェックインを済ませ、セキュリティラインもプライオリティラインを使う前提であれば、スムーズに入れることでしょう。

もしかしたらメダイ自体は教会で神父さんが売っているかもしれません。

DSC01368

そんなことを考えながらサンフランシスコ空港に到着です。

DSC01452

空港で夜を明かしながら、不思議のメダイについて調べます。

マリア様のメダイなんですね。

メダイの裏側に彫ってある刻印まで確認すれば間違うことはないでしょう。

だらだらとネットをしながら朝の6時まで時間を潰します。

DSC01458

午前6時、行動開始です。

ますはセキュリティのプライオリティラインの確認を済ませます。さすがにこの時間はガラガラです。

DSC01463

そして自動チェックイン機でチェックインを済ませます。

国際線だけは前日に乗継便とまとめてチェックインを済ませることができませんでしたので、今日のフライトだけ発見します。荷物は最初のフライトでチェックインできていたのに・・・。ちなみにこの時間だと有人のカウンターは空いていませんでした(´・ω・`)

国際線ターミナルGから地下鉄の駅までは歩いてすぐです。徒歩2分くらい?

DSC01473

どうせショップが開くまでは何も出来ないのでのんびり経路を確認します。

実は資金が心許ないので、CitibankのあるMontgomery Stまで行くことにします。CitibankはPlusシステムがあるので、対応している銀行のATMカードが使えるからです。

DSC01478

ココでチケットを買うのですが、チケットを買うと言うよりはカードにチャージするという形を取るようですね。私の場合は往路も復路も$8.1なので$16.25ほどチャージします。5セント余計に入れておいたのはせっかくのカードが残額が0になった瞬間、改札に飲み込まれてしまうと悲しいから・・・

DSC01482

1ドルコインでお釣りが出てくると期待したら・・・25セント玉がジャラジャラ・・・

そして切符は紙媒体。日本や香港と違ってリチャージできるタイプのチケットでもアメリカではペーパーが基本のようですね。

DSC01483

自動改札をぬけて・・・

DSC01484

列車の待つホームへ。

DSC01486

朝早いせいか列車はガラガラです。

途中駅でたくさん人は乗って来ましたが(;・∀・)

DSC01512

30分ほどで目的のMontgomery Stに到着です。

DSC01524

初めて見るサンフランシスコの街並みです。

DSC01529DSC01566DSC01579DSC01581

時間があるのでお金を下ろした後、隣の駅であるPowell Stまで歩いて見ましたが、美しい町並みです。同じカリフォルニアにある都市でもロサンゼルスとは大違いです。街中に出てきてみてよかった・・・

DSC01587

Powell駅の入り口を確認しました。

帰りの電車は出来れば10:28分発のものに乗りたいので、経路確認は必須です。グレース大聖堂はこの駅を北に1km、西に400m程行ったところにあるので、ココからグレース大聖堂への道をしっかり確認しながら行くことにします。

DSC01602

途中公園のような場所がありました。

DSC01608

今日は絵画展があるようでした。

DSC01631DSC01642

そおしてものすごい坂です。ここをトラムが走っているのですが、どこかで見たような光景・・・アニメのマクロスフロンティアに出てくる住宅街とイメージが非常に良く似ています。戦闘機の小隊長さんの家のあたりだったかな?サンフランシスコがモデルになってるかもしれませんね。

ちなみに行きが上り坂、帰りが下り坂なので全力疾走するときなどは楽かも。

DSC01662

登りきったところを左折(西に向かう)と、すぐにグレース大聖堂が見えてきます。イギリスの教会と似てる気がしますね。写真は東側からのものです。

DSC01671

時間があるので内部をちょっと見学です。天井が高く荘厳な雰囲気。朝早いので人がいません。

・・・神父さんもシスターもいません(´;ω;`)

そしてメダイが売ってそうな雰囲気もない・・・

DSC01750

あまりにもだれもいないので、大聖堂の南東側からの写真を撮って見ました。私はこのアングルのほうが好きかな・・・

DSC01779

寺院の周りを一周すると、寺院の東側のパーキングにコーヒーショップとギフトショップの表示が。

DSC01807

長ーい通路を抜けていくとコーヒーショップがありました。結構朝早くからやっているようでした。

DSC01823

しかしその奥にあるギフトショップは10時まで開かないみたい・・・まだ1時間半ちょっとあります(´;ω;`)

DSC01818

ちなみにコーヒーショップ(とギフトショップ)の最寄りの入り口は教会の南側の入口の右側にありました。

DSC01826

実はここの他にもセント・メアリーズ大聖堂の売店が9時半に開くことも調べてあり、ここからだと徒歩で30分程なのす。このままここで待つか、それともセント・メアリーズまで行くか迷っていましたが、張り紙でネット通販もしていると書いてあったので(なんか違和感爆裂ですが)、携帯でアクセスして見ました。いざというときの保険(飛行機に間に合わなそうなときの検索用)で10MBのパッケージを携帯に入れておいたのですが、とりあえずこれを使用(´・ω・`)

DSC01828

・・・ない・・・

夜遅く(日本時間で深夜)にキンメダイが欲しいと言っていた女性にメールしてホームページを確認してもらってしまいましたが、やはり無いようです(´;ω;`)

DSC01832

ギフトショップの開店まで時間に余裕があるので店員さんのおすすめに従ってモカ・ラテを注文して店員さんから情報を聞き出そうと思います。

お値段4ドルほど。

DSC01833

おすすめの理由は、『チョコもその他のシロップもひと通り入ってるから』だそうです。要は全部入りってことね(;・∀・)

DSC01836

クリームも乗っけてもらって、ギフトショップが開店するまでの1時間、待ちます。

DSC01837

と、そこにメールの返信と共にメダイの写真が、これを店員に見せて売ってそうかどうか聞くのがよさそうです。もしかしたら教会側で売ってるという可能性もあります。

コーヒーショップの店員さんにお尋ねしました。

「すみません、これなんだけどそこのギフトショップで買えるかな?」

「んー・・・これは・・・売ってないと思うわよ?」

え・・・マジですかい(´;ω;`)

「え・・・じゃあ上の教会では?」

「あるとすればギフトショップね、上では何も売ってないわ」

ココまで来てそれはなくね(´・ω・`)?

てか、こういうのって結構どこでも売ってるのでは?

とりあえず、9時も回ったので神父さんやシスターさんに聞いて見るべくコーヒーショップからつながる秘密の通路を通って教会内部へ。

DSC01839

っと、飲み物の持ち込みは禁止ですか(;・∀・)

DSC01847

サクっと飲み干して再び教会内部へ。

DSC01849

白い服のシスターさんにお話を聞くと・・・

「ああ、それは趣旨が違っていてね、そもそもマリア様は全ての枷から解き放たれて・・・」

いや、もういいですぅ(´;ω;`)

「売ってるとすればギフトショップね。」

なるほど。

DSC01852

結局ギフトショップがあくまで待つことに。

コーヒーショップの店員さんは『無い』と言っていましたが、やはり自分の目で確かめないわけには行きません。

DSC01857

10時を少しだけすぎて、シャッターが開きました。でも中身が無人・・・と思ったらコーヒーショップの店員が一人店番に入って来ました。

・・・無いって行ってたコーヒーショップの店員がギフトショップの店員とか・・・

マジアリエナス(´;ω;`)

しかし、店長さんがコーヒーショップの方から来たので、一応写真を見せて確認してみると、しばらくゴソゴソと在庫を漁ってくれて・・・

DSC01860

出てきました、金のメダイと銀のメダイ(#゚Д゚)!!

銀のメダイは純銀で、金のメダイは銀の上から金メッキをしているそうです。

DSC01861

裏側の刻印も不思議のメダイそのものです(・∀・)

DSC01862

金のメダイ、ゲットだぜ(#゚Д゚)!!

でも会計でのんびりする店長・・・もうあんまり時間がないんですぅ(´;ω;`)

DSC01868DSC01877

手早く会計を済ませて、駅までの最短ルートを走ります。

下り坂なので楽でした( ´∀`)

DSC01893

太陽も高く昇ってきます。

DSC01902

時間がないのに懲りずに写真を取りながら走ります。

DSC01908

そしてなんとか地下鉄の入口に。列車が出るまであと3分ちょっと。事前に帰りの分の電車賃もチャージしておいてよかったです。

DSC01911

列車に乗って・・・

DSC01962

ぴったり午前11時にサンフランシスコ国際空港に到着。

DSC01975

幸運にもセキュリティは空いており、難なく通過。

DSC01979

セキュリティのすぐ右にあるユナイテッド航空のラウンジを右に曲がり・・・

DSC01980

突き当りを左に。実はユナイテッドのラウンジにはシャワーが無いので、シンガポール航空のシルバークリスラウンジでシャワーをあびるのです(・∀・)b

DSC01981

長い通路を進むと。

DSC01983

シルバークリスラウンジがあります。

DSC01988

軽食も充実しています(・∀・)

DSC01991

でも私はとりあえずシャワーへ。

これから13時間近いフライトなのに、前日の正午(24時間近く前)からシャワーを浴びていませんから、とりあえずスッキリしたい(´・ω・`)

DSC01992

シャワーブースも広く

DSC01993

普通のシャワーです・・・と思ったら水しか出ねぇ・・・orz

諦めて水を浴びていると5分くらいして突然お湯に・・・遅いよ!!(´;ω;`)

DSC01994

水はけは良くないし・・・

DSC01995

ついでになんとも前衛的なシャワー・・・

DSC01998

まぁドライヤーが付いているのでよしとしましょう・・・というか、そもそもシャワーが浴びれただけでもかなり幸運でしたからね( ´∀`)

DSC02012

チキンクリームスープとサンドイッチ類を頂いて、腹ごなしをしながらゆっくり飛行機の出発時間まで休みました。

余談ですが、シンガポール航空のラウンジには飛行機のステータスを見れるインフォメーションボードが無いので、出発が遅れてたりするとゲートで結構待ったリします。

ここだけ、不便ですね。

なにはともあれ、ドタバタのトランジットはとても楽しかったです。

今回のトランジットお買い物計画はgoogle mapによって立案、実行されました(・∀・)b

皆さんも時間的にギリギリな旅程を楽しむときは是非google mapのルート検索を使ってみてくださいね。