ジャカルタに行って見た(´・ω・`)世界一経済がホットな都市(´・ω・;`)?とりあえず、空港からのトランスポーてーション(`・ω・´)b

6 4月

最近しょっちゅうインドネシアがホットだという放送がブルームバーグで流れていました。ちょうどホテルのポイントが余りまくっていたので、ジャカルタまで足を伸ばして見ました(´・ω・`)b
20120406-001849.jpg
とりあえず、バックパッカーを対象として話を進めていきますので、ポイントは舐められないことそしてぼったくられないことです。

そんな中、市内に出るまでの間に必要なことをいくつか(`・ω・´)b

まず一番最初のぼったくりポイントがVISAの取得(´・ω・`)

20120406-002345.jpg

USドルで25ドルです(´・ω・`)
とりあえずここはドルで払っておけばぼったくり的な換算はされないだろうと二人で(今回は同行者がいるのです)50ドルのところを100ドル払ってお釣りをもらおうとしたら・・・

20120406-002624.jpg

おつりがインドネシア・ルピアで帰ってきた・・・それもぼったくりレート(♯゜Д゜)
中値からだいたい15%くらいは持ってかれています。
頭にきて、ドルでお釣りだせゴルぁ(♯゜Д゜)と叫んで見たものの、「ここはルピアだけだ」といって取り合わない上に、一度金を出してしまった場合は細かいので50ドル出してもダメだいって取り合ってくれません。

20120406-003022.jpg

しぶしぶその場を引き下がり(夕方に到着して、バスの最終が行ってしまうのが心配だった)荷物を受け取りにターンテーブルへと進みます(´・ω・`)

で、ここでもう一つポイントが、携帯のチップを手に入れること(´・ω・`)
携帯のチップがなければ情報収集ができないし、google mapでの検索もできません。
実はバスが使えるかどうかは半信半疑で、空港のホームページでは午後7時で終わりと書いてあったり、バス会社のホームページでは9時までになってると書いてあったりしてよくわからなかったのです。
最悪の時はタクシーを使えば良いのだけど、それはバックパッカーのプライドがゆるしません(´;ω;`)

20120406-003558.jpg

僕は今年一年だけキャンペーンで香港のHSBCのプレミアム口座を持っているので手数料で無料で(さらにかなり良いレートで)現地通貨を引き出せます。
そのHSBCのATMが荷物が流れてくるターンテーブルのすぐ近くに。
本当はここで現地通貨を手に入れる予定だったのにがっかり。

20120406-003849.jpg

んで、そのすぐ近くにデータ定額のSIMが売ってる店がありました(ネットの情報通り)。
データ定額できるのを聞くと、500円で200円の通話料が含まれてるプラン。
最初の二日は90円で定額で、それ以降は50円らしいです。
メーカーはindosat、ネットで調べたのと違うけど、とりあえず定額データ通信ということで買ってみました(`・ω・´)b
だって、バスの情報とかもほとんどなかったからこれしか頼りがないんだもん(´・ω・;`)
ちなみに、相場より多分200円くらい高かったみたい。
でも、この200円は通信をスムーズに行うためだに必要だということで、ぼったくり価格にはカウントしないです(`・ω・´)b

空港からバスで来いミッドプラザまでいかなきゃいけなかったのだけど、バスは直接取り込めるそこまでは行ってくれないのは事前に調査済み。
最悪の時にGoogle翻訳のお世話になれるのは心強いのです(´・ω・`)b

20120406-005941.jpg

んで、開通作業はお店のお兄ちゃんが目にも留まらぬ早業でやってくれました。
10分くらいかな?

20120406-010131.jpg

そして税関を抜けるとずんどこ左手の方向に歩きます。
すぐにCitiBankのATMがあったので、CitiGoldの人はここがオススメ(´・ω・`)
でも携帯のチップを買えないという問題が(´・ω・;`)
途中タクシーが33ドルでしたが、まずはバスの値段を確かめて見ないとね(´・ω・`)b
バス乗り場にはブルーバードがいるという話だったけど、ここにいたのはベンツとかをメインで扱うシルバーバード。黒塗りのおベンツはバックパッカーには抵抗があったのでやめておきました。

20120406-010351.jpg

で、バスのチケットのカウンターをみると、どうやら結構夜中まで(記憶が曖昧だけど11時くらいまで)バスは走ってるみたい(´・ω・`)
Googleマップを見せてチケットを買おうとすると、フードをかぶったおネェちゃんが「ブロックM行きで途中で降りればいいわ」とのこと。
バス代は200円でした。

20120406-011357.jpg

地図に書いてあるように、バスが右折してしまう前に降りなきゃいけなかったのです。

降りる場所をメモで渡してくれたのだけど、バスの中で電光掲示板なんかもなく、さらに発音がよくわからないのでGoogleマップを頼るのみです。

20120406-011649.jpg

バスはエアコン付きで快適でした(`・ω・´)b

20120406-011820.jpg

んで、Googleマップを頼りに道路のど真ん中で降りました。
本当にど真ん中で、路肩によりすらしなくて叫びそうでした(´;ω;`)

20120406-012002.jpg

んで、後から知ったのだけど、640番のバスがブロックMとタナ・アバンとをつないでいたのでそれに乗れば良かったのだけど、それに気づいたのは数日たってからでした。お値段20円(;゜Д゜)

Googleマップを頼りに4キロくらい歩いたかな・・・(´・ω・`)

20120406-012319.jpg

(写真は朝のものだけど)こうして無事にホテルまでたどり着きました(`・ω・´)b

トータルで200円。
地元のバスを併用すれば、220円であんまり歩かないでホテルまでいけたのですね。

教訓『異国の地ではスマホと現地のSIMチップでどうにでもなるかも?』

下準備をそこそこしておけば、スマホで検索すればどうということはないのですね(´・ω・`)

んで、気が早いけど帰りの話も。
帰りはタクシーを使いました。
だって荷物が多かった(20kgほどシャンプーを頼まれた)し、空港でのんびりしたかったのです(´;ω;`)

時間は早朝。
朝の8時くらいで、ちょっとくらいバスを間違ってもなんとかなると思ったのだけど、ホテルのフロントのおネェさんに白々しく「タクシーの色が違うのがあるけど、なにが違うの?」って聞いてみたんです。そしたら『値段が違うだけよ』とにっこり(;゜Д゜)

ブルーバードとその高級版のシルバーバード(ホテルからは25ドルくらいだという話)、さらに白いタクシーもよくみるとおなじマークがついてるのがありました。

20120406-012856.jpg

んで、私たちが選んだのがExpress社のタクシーです。

Googleマップをみながらで、さらにだいたいの道の流れも覚えていたのでぼったくられようがありません(`・ω・´)b

途中で高速道路の代金はちまちま払ったのですが、空港までのトータルはなんと1000円でした。

20120406-013622.jpg

走った距離は32kmです。

ただ、タクシー関係のトラブルはよく聞くので、白いタクシーに乗る時はできれば二人以上で自分の現在位置を常に把握できる状態で乗るのがベターだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。