アーカイブ | 3月, 2013

持って行くのはPC?スマホ?タブレット( ´・ω・`)?

12 3月

前回は基本的には通信可能な機材について解説しましたが、今回はコンピュータ系のメインマシンとして使うものを考えてみました(`・ω・´)ノ

これは複数のパターンがあって、スマホにキーボードをつけてメインマシンにする場合や、タブレットにキーボードをつける場合、モバイルPCを持ち歩く場合など様々なパターンがあります(`・ω・´)b
それぞれの長所と短所をまとめて行きますね(`・ω・´)ノ

実は現在の私のメインマシンはMacbook Pro with retinaの13インチモデルです(`・ω・´)b

なぜかというと、表示できる情報量が多いから(`・ω・´)ノ

最近たまにwebアプリケーションの開発(と言っても自分で使うだけ)もしているので、解像度が高く、たくさん情報が表示できて、さらにバックパックに入るぎりぎりのサイズが13インチモデルのMacbook Pro with Retinaなんです。

これより大きくなってしまうと、ナップサックに入れて常時持ち歩くことができません(´;ω;`)
仕事に使う物ということで涙を飲んでリボルビング払いです(`;ω;´)b

ドライブがついていないのが嫌だという方は少し前の世代のSony Vaio TypeZもお勧めです(`・ω・´)b
Macbookには及ばないものの、FULLHDのディスプレイを搭載し、ドライブまで搭載していてサイズは同じくらい(`・ω・´)v
ただ、液晶が圧力に弱いのでバックパックには向かないのです(´;ω;`)

でも、一般の方はそれほどの解像度や性能は必要ないと思いますので、そんな方にはiPadをお勧めします(`・ω・´)b

脱獄するとマルチウィンドウで同時に複数のアプリを使うこともできるので、一時期webアプリの開発もこれ1個でやってました(`・ω・´)ノ
脱獄(iPadのソフトウェア改造、iOS6までなら簡単)するとPHPもスタンドアローンで動いてしまう(webサーバーが使える)ので、どうしてもコンピューターが必要な作業をする人以外はiPadだけで足りると思うのです(`・ω・´)b
ついでにこれならすごく小さなナップサックでも入るのが利点です。
あ、もう一つ、冷却ファンなどの『穴』が少ないので、東南アジアなどでありんこに侵入される心配が減ります(`・ω・´)b

iPadは専用のキーボードが何種類も発売されているので、安く手に入れることができます(`・ω・´)v
オプション品を買わないと行けないけど、外部メモリも読めるようになっています(*´ω`*)

ブログを書くとか、簡単なwebサイトを作るだけなら標準でもいけますね(`・ω・´)ノ

それでもどうしてもコンピューターが必要という方は、中古の軽量なマシンを買うのもいいでしょう(`・ω・´)

私が過去に使っていたSonyのVaio TypePなどは、今なら中古で安く手に入ります(`・ω・´)ノ

そして次が本命のGalaxy Noteです(`・ω・´)b
個人的にはこれにキーボードとマウスをつければ画面が小さいのを除けばネットブック以上に動いてくれると思います(`・ω・´)ノ
写真はiPad用のキーボードを接続していますが、もちろんもっと小さいキーボードも取り付けられます(`・ω・´)v

で、私のお気に入りは折り畳みキーボードです(*´ω`*)
真ん中で分割してあるために、キーボードに少し違和感がありますが、プラスチックのキートップでなかなかに打ち込みやすいです(`・ω・´)b

折り畳むとGalaxy Noteとほぼ同サイズになるので、尻ポケットの右にスマホ、左にキーボードみたいなこともできます(`・ω・´)b
あ、ここで注意点ですが、通常のPCは単体で携帯の回線を用いたインターネットをすることはできません(´;ω;`)
かならず、現地でのwifiが使える場所を確認するか、wifiルーターになる機材を持って行くようにしましょう(`・ω・´)b

メインで使わない前提なら、テザリング(携帯回線で使うインターネットを共有できる)機能をもった携帯でも安い物が選べます(`・ω・´)b

さて、実は今フィリピンに来ているので、一回装備ネタは中断して次回はフィリピンのセブ島の情報を記事にするかもです(`・ω・´)ノ

広告