Archive | ジャカルタ RSS feed for this section

ジャカルタは近代都市(´・ω・`)? 格差社会は大きな問題です(´・ω・;`)

24 4月

前回までは空港についてからのトランスポーテーションとか携帯電話事情、ローカルフードとその価格についてレポートしました。

そして今回はジャカルタにおける凄まじい格差についてお話しして行きます。
まずは綺麗どころから見ていきます、高級ホテル街(´・ω・`)

20120424-202448.jpg

高層ビルが立ち並ぶミッドプラザのホテルを見てきました。

20120424-202534.jpg

綺麗でゴージャスな感じのプールです。
裕福そうな外人がここで飲み物を飲んだり、食事をしたりしていました(´・ω・`)
他にもフィットネスやサウナなどもあり、抜群のラグジュアリー感です。

20120424-202611.jpg

そしてそのホテルから北東にしばらく行くと有名な骨董品街に出ます。
スラバヤ通りだったかな(´・ω・`)?
骨董品街はチキニ駅の付近から線路と並行に伸びています。

実はこの骨董品街の商品は、どこまでが本物の骨董品かわからないんです(´・ω・;`)
その辺で普通に現地の人がいろいろ作ってるのです(;゜Д゜)

20120424-202655.jpg

この扇風機もものすごく年代物にみえるけど、つい最近作ったものかもしれない(`・ω・´)b

20120424-202848.jpg

こういうタイプライターなら、どこでいつ作られたものなのか調べられるかもしれないですね。

20120424-202944.jpg

・・・ナイナイ、流石にこれは本物ってことは・・・(´・ω・;`)

20120424-203025.jpg

これは多分偽物だと思うけど、一枚1000円。
明治時代の日本のコインだという主張なのだけど・・・(´・ω・`)?

とまぁ、こんな感じです面白いものがたくさんあるのですが、素人が手を出すのはかなり難しいです。

お客「これ、いくらだい?」
店主「さて、おいくらでお買い求めになりたいですか?」

・・・(;゜Д゜)

もう怪しさ爆裂です。
ここは海千山千の人でないと、ぼったくられるのは間違いないのではないかと(´;ω;`)

まぁそんな骨董品街は、眺めるだけなのがいいのではないかと(´・ω・`)
今の日本の不安定な情勢では、荷物はあまり増やさない方がいいですしね(`・ω・´)b
で、ここから電車でジャカルタ・コタ駅に向かいます(`・ω・´)b

20120424-203106.jpg

昔ヨーロッパの植民地だった(よね?)こともあり、駅の作りは洋風(`・ω・´)b

20120424-203152.jpg

・・・ただし列車は和風・・・というかどこの都営地下鉄(;゜Д゜)?
行き先も高田馬場とかおなじみの表示です(´・ω・`)
鉄道関係は日本がかなり協力しているみたいですね。

20120424-203227.jpg

その成果か、世界中でサムソンとLGにとって変わられまくってる液晶も、ここではシャープが使われていました。

20120424-203312.jpg

ちなみに電車賃は10円から60円です。
10円のチケットだと、電車のドアが閉まらない(;゜Д゜)
・・・というか閉めてないのかわからないのですけど(´・ω・;`)
クーラーはついてないです(´・ω・`)

60円の方のチケットはエアコン付きでちゃんとドアが閉まり、女性専用車両もありました(`・ω・´)ノ

さて、ここからスラム街と言われる領域に入って行きます。

20120424-203349.jpg

ジャカルタ、コタ駅から北西の方向に進んで行くと、橋がありました。
最初は素通りしそうになったのですが、川の写真を撮ろうと足を止めたら、細い道が川沿いに走っていることに気づいて、ドキドキしながら歩みを進めました(`・ω・´)

20120424-203435.jpg

最初は散歩道かなとおもっていたのですが、物売りの自転車が入って行くのをみて、貧民街に通じているのではないかと思って進んで行きました(`・ω・´)b

20120424-203516.jpg

写真で見てわかるとおり、ものすごい狭い土地(登記されてなさそう)の部分にベニヤ板みたいなもので作った住居がありました。
水道は通っていなくて、ポンプ式の井戸を共同で使っているみたいです。
ただ、なぜか電気はとおっている不思議(;゜Д゜)

20120424-203553.jpg

だた、この辺りの人たちは基本悪い人たちではなさそうでした(´・ω・`)
たぶん、アメリカ人に侵略されたネイティブ・アメリカンのように、土地の所有の概念がわからずに騙されて住む場所を追われてしまったのではないかと思います。

20120424-203633.jpg

と、対岸に川に張り出すように立てられた建物がみえました。
・・・よく見るとこの建物、左側のレンガ造りの建物に増設されているわけではなくて、川沿いの細い道の突き当たりに建っているようです(;゜Д゜)

20120424-203708.jpg

幅30cmくらいの道が川沿いに続いていて、その突き当たりにあるこの建物・・・台風がきたら壊れてしまいそうにみえますが・・・(´・ω・;`)

これほどまでに貧富の差があるのは驚きでした。

20120424-203754.jpg

さらに進んで行くと、今度は屋根すらついていない住処が(;゜Д゜)
高速道路や鉄道の下に、ホームレスのような感じで住み着いている人たちがいるではないですか(´・ω・;`)
ゴミためなのか住居なのかわからないような空間です(´;ω;`)
気候の暖かい地域だから、住むには十分なのかもしれませんが・・・

20120424-203837.jpg

そして、ここで驚いたのがこういうところにサッカー場があったことです。
見たところ、スポーツができるように地面が整備されていたので(コンクリート敷いてラインが引いてあった)政府が作ったのでしょうか?
つまり、ここに住んでいる人たちはこの生活のレベルでありながら政府公認ということ(´・ω・`)?

20120424-203914.jpg

そんな中、渡し船を見つけました。
片道二人で10円だったのですが、10円で(ドアが空きっぱなしの)電車に45分のれることを考えたら、本当はもっと安かったのかもしれません(´・ω・`)?

20120424-204012.jpg

ちなみに、川はものすごくきたなくて、100円くらいのお札が落ちていても誰も拾ってなかったです。
・・・もしかしたら、足場が悪くて拾えないのかもしれないけど(´・ω・;`)

20120424-204046.jpg

そんな貧民の生活とはかけ離れて、ホテルの近くにあるショッピングモールでは、バリのリゾートマンションの販売をしているところがありました。

20120424-204120.jpg

ものすごく広いけど5000万円ほど(;゜Д゜)

物価の安いインドネシアでこの値段とは・・・庶民の生活とのかけ離れ具合がものすごいです。

日本では庶民を裕福にしつつ上層の人間が搾取してるけど、インドネシアでは一方的に搾取され、彼らの生活はまるで考えられていないのだなと感じました。

最後に、心温まる猫ちゃんの写真を(`・ω・´)b

20120424-204152.jpg

インドネシアのスラムでは、沢山の猫ちゃんがいました(*´ω`*)

ジャカルタのデータ通信(`・ω・´)b クオリティはTELKOMSELがベスト(´・ω・`)

11 4月

データ通信は旅の要(`・ω・´)b
ジャカルタではなんと3種類ものデータ通信カードを購入してしまいました(´・ω・;`)

その中でベストなのがTELKOMSELです(`・ω・´)b

20120411-122007.jpg

simPATIと書かれているこのカードが現時点でインドネシアで一番のデータ通信カードです(`・ω・´)b
一日当たりのデータ通信が50円でした。これでネット無制限な上にHSDPA+の速度で動くらしく、さらにジャカルタ内ではほとんど3G通信に対応しているという形(`・ω・´)b
値段は150円で、50円分の通話、通信料が入っていました。
チャージは最小で250円から。

ちなみに私が買ったものは開通期限がきれてしまってアクティベーション済みのもの(`・ω・´)b
100円に値下がりしてたけど、むしろ開通済みの方がベターな場合もあるのです。

20120411-213234.jpg

インドネシアの携帯は、電話機から*888#などに電話をかけてデータ定額の設定をします。

20120411-213507.jpg

どんどんメニューの数字をいれて行く形(´・ω・`)b

20120411-122505.jpg

露天ではTELKOMSELの他にindosatやXLなどの会社もありました。
それぞれのメリット、デメリットを挙げて行きます(´・ω・`)b

まずは空港で買ったindosatから。

20120411-122722.jpg

このカードは、空港で一番早く手に入るSIMカードだったので購入しました。
お店の人に、「3Gで定額データ通信するのだけど、いいカードない?」と聞いたら出てきたカード。

20120411-122908.jpg

場所は空港の税関前でした。
一件だけsimカードを扱っている店があります。
アクティベーションをしなければならないのですが、この店の店員はものすごい早さでアクティベートを完了します。
何やらIDカードの番号とかを登録しなければならないはずなのですが、あっという間に終わってしまいました。
写真を撮る暇もないほど(;゜Д゜)

このカードは、当初最初の2日間は一日90円で定額、その後一日50円で定額と言われたのですがなんか思ったよりも全然残高が持たなくて、本当に定額になってるのか怪しかったです(´・ω・`)
ちなみに、このカードは空港で高速なHSDPAでつながったのだけど、ジャカルタの街中ではしょっちゅう低速な2G回線で接続されて使いにくかった(´;ω;`)

そして、最後に入れたのがこのXLです。

20120411-123253.jpg

実はTELKOMSELで十分だと思ったのだけど、日本最大のインターネット掲示板である2ちゃんねるにつながらず、プロキシサーバーを経由しても読み込みしかできな方ので駄目もとでいれて見たとこと・・・見事にダメでした(´;ω;`)

さらに、データ定額制がなくて、300MBで250円とか(ちとウロ覚え)しかなかった(´・ω・`)
まぁ十分なんだけど・・・

それ以前に、このチップ、アクティベーションに失敗していて、それがわからなくてデータ定額が選択できないと言っていたら、残高不足だと言われ500円もリチャージしたのに(250円のは売り切れだった)リチャージもできませんでした(´;ω;`)

店のお兄ちゃんに「これ、アクティベーションできてなくね?」って聞いたら、もう一枚のSIMカードを出してきて、アクティベーションしてくれたので、取り替えてくれたかと思っていら『こっちも買え』と言われました(;゜Д゜)

もちろん、「ううん、こっちだけで十分、ありがとね。」とにっこり笑ってお店を去りました(`・ω・´)b

インドネシアの露天や屋台はおろか、庶民のお店でも英語が通じないことがほとんどですが、中には数件英語のわかる人がやっているところもあるので、SIMはそこで買って設定してもらうのが一番です(`・ω・´)b

ちなみに、ジャカルタの空港についたらとりあえず税関の前でSIMカードを買えと言っておきます(`・ω・´)
なぜかというとスマートフォンを持っている場合これだけでGoogleマップの経路検索とGoogleマップ翻訳が使えるようになるから(`・ω・´)b
ジャカルタの市内は結構一方通行などが多く、タクシーに遠回りされてるのか(空港のシルバーバードはまずそんなことしないけど)、それとも正しい道なのかわからないことが結構ありますが、Googleマップはかなりのとこまで一方通行を考慮にいれた最短経路を出してくれるので安心です(`・ω・´)b

20120411-220247.jpg

他にも、バスで移動する場合に降りる場所なんかを見るのにもGoogleマップは重宝しますので知らないところにきたらまずはデータ通信を確保しましょう(`・ω・´)b

ジャカルタの凄まじい貧富の差(`・ω・´)b そしてご飯(*´ω`*)

10 4月

インドネシアは東南アジアの中でも最もホットな国として知られています。特に経済的な面で。

そんなインドネシアの裏側を覗いて見ました。近代的なビルが立つ地区と、一般市民の暮らす昔風の建物が集まる地区、この二つがチェッカーボードのように混じり合っています。

20120410-174435.jpg

写真にあるように、ボロ屋の後ろにミスマッチな高層ビルの背景。しかしこれは、一応『一般市民』の生活の場なのです。写真の場所はブロックMという繁華街とタナ・アバンを結ぶ中間の辺り(´・ω・`)

20120410-174534.jpg

写真に写っているのは立ちションしている男の子(´・ω・;`)

20120410-174614.jpg

わざわざ家から出て来て、排水溝というかドブというかわからない臭い液体の流れる場所に立ちション(;゜Д゜)

んで思わずトイレもないようなお家なのかしらと中を覗くとPS3があるじゃないですか(´・ω・;`)

20120410-174707.jpg

他にもこんななんの変哲もないような場所で・・・

20120410-174802.jpg

井戸を見つけました(;゜Д゜)

普通にオケをカラカラ音を立てて落とすタイプの井戸です。

20120410-174857.jpg

と思っていると突然バトミントンのコートが出現(;゜Д゜)
他にも感じでバスケットのコートもありました(小さかったけど)

20120410-174932.jpg

写真にあるように、かなり細い道もあって、車とかの出入りは基本ありません。多分一つの区画で一つの村みたいな形なのだと思うけど。

なにやらちぐはぐな・・・というか、いろいろとかなり無理矢理近代化したんだなぁと思わせるような街の作りに驚かされました。こんな中に突然ネットカフェが出現したりするんです(´・ω・;`)
インターネットも、携帯電話の会社によってつながったりつながらなかったりですが、結構3G回線なんかも普及していました(携帯電話の話は後述)。

今回はホテルはポイントで泊まってしまったので安宿情報はなしですが、食べ物はたくさん食べて来ました(`・ω・´)

宿はコタ(Kota)駅の北側にいけば安宿がたくさんある・・・はずだったのだけど、小綺麗なホテルしか見つからなかったのですよね・・・(´・ω・`)

と、気を取り直してまずは一番有名な『ナシゴレン』です(`・ω・´)b

20120410-175010.jpg

辛いチャーハンに卵焼き乗っけたようなもので、さらにちょっとした漬物とせんべいみたいなものが付き、後は唐辛子がよこにちょこっと(´・ω・`)
この唐辛子を見落として漬物と一緒に食べてしまうと・・・東南アジアの風を感じます(`;ω;´)
お値段は100円

他にも焼きそばのアヤム・ゴレンとか、ゴ・・・ゴ・・・名前忘れたけどゴではじまる名前のキシメンみたいなやつとか(`・ω・´)b

んで、次にくるのが一般的なインドネシアのご飯。

20120410-175124.jpg

ご飯に色々なトッピングしてもらうのです。
ご飯は30円で、野菜系が10円、肉が30円から50円です(`・ω・´)b

20120410-175225.jpg

あまり遅いと空いてないけど、このタイプの屋台もあります。持ち帰りの時は紙で巻いてもらいます(`・ω・´)ノ

20120410-175331.jpg

これ、本当に一枚の紙をくるくる丸めて行くんです。ちょっと防水っぽい加工したただの紙。

20120410-175640.jpg

おかずを頼みすぎると、結構なサイズになってしまうので注意(´・ω・;`)

20120410-175719.jpg

展開するとお皿からはみ出てしまうほど(´・ω・;`)

・・・9割くらい食べたところで虫が入っているのに気づいて食べるのやめたのです(´;ω;`)

20120410-175848.jpg

とまぁ気を取り直して、このシリーズだと、よくわからないお芋によくわからない何かをすりつぶして、ココナツと香辛料で味付けした食べ物はもありました(`・ω・´)b
お値段は70円だったかな(´・ω・`)?

後は、お値段80円のアヤム・ババット。名前が強そうなので頼んで見ました。食べ方はスープカレーと同じ(´・ω・`)

20120410-175942.jpg

臓物系のものが入ってた気がするけど、私のお気に入りにはならなかった(´・ω・;`)

そして欲を出して海産物に手を出して見たところ・・・

20120410-180057.jpg

あんまり美味しくなかった(`;ω;´)
イカの中に何かの練り物か何か(植物系)が入っていたのだけど味は15点。
ついでにハズレないと思ってたのんだナスも美味しくない始末(´;ω;`)

20120410-180148.jpg

この時は二人で11000ルピア=110円くらいのお値段でした(`・ω・´)b

とここまでが安飯かな(´・ω・`)?

20120410-180232.jpg

後は一個10円の揚げ物。
これ、具の入ってないやつが一個5円なんだけど、原油の値上がりで値上げされたみたい。まだ市場の油が値上がりする前に事前値上げで10円に(´・ω・;`)
一般市民が叫び声をあげてるとか新聞に書いてありました・・・

最後に安おやつ(`・ω・´)
写真が今手元にないのだけれども、一個20円のカステラが美味しかった(*´ω`*)

20120410-180354.jpg

写真にあるのはクレープみたいな作り方なんだけど、パリパリなのです(`・ω・´)
一枚10円で、チョコチップが少しだけかかってるのです。
でも全然お腹にたまらないという・・・

ここまでが休めしの部類で、ここからはちょっと高級食・・・というか、高級食に感じてしまう値段のファーストフード(´・ω・`)
それどころか、付加価値税だかサービスチャージだかが10%取られるんだから、これはもう高級食と言わざるをえないでしょう(`・ω・´)b

20120410-180517.jpg

まずはケンタッキーから(`・ω・´)

20120410-180634.jpg

チキニ駅の近くのケンタッキーは、結構高級な店らしく、途中私たちを見て何かを売りにこようとした物売りの女の子がケンタッキーにはいるのを見て途中で引き返してしまったほど(´・ω・`)
チキンの値段、よく覚えてないのだけど200円くらいだったかな?

20120410-180720.jpg

私たちはできるだけ珍しいものを・・・ということで『オリエンタル・ベントー』にして見ました。ご飯の上にちっこいチキンが乗っかってて、トマト系のソースがかかってるもの。これで100円は屋台とかから考えたら高すぎる(´;ω;`)

20120410-180755.jpg

次にマクドナルド、こちらもかなりの高級食だったのです。

20120410-180846.jpg

まずは香港で200円(HK$20だから今のレートだともう少し高いかな)のビックマックセット。これがなんと360円もするのです。一日の食品が出ちゃうじゃあないかと叫びそうになしました。

20120410-180921.jpg

そして思わず心惹かれたのがトリプルチーズバーガー(`・ω・´)
その国にしかないメニューって気になるじゃないですか(´・ω・`)?

20120410-181002.jpg

とりあえずトリプルチーズバーガーをLLセットで450円。
後はお安いスパイシーチキンバーガーとスパゲッティー80円ずつ(`・ω・´)b
メニューにはマックチキンって書いてるんだけど、それを注文するとなぜか200円以上するチキンバーガーが出てくるという謎(´・ω・;`)
そもそもスパイシーチキンバーガーってメニューには書いてない・・・

一応庶民価格で食べられるものも出してるってことなんですね(`・ω・´)b

んで、出て来たものをみてちょっとびっくりしました。
なんか、スパイシーチキンバーガーとトリプルチーズバーガーのサイズが同じに見えるのです。

20120410-181054.jpg

スパイシーチキンバーガーはまぁいいとして・・・

20120410-181218.jpg

トリプルチーズバーガーは小さくて、思わず一度バーガーを開いて本当に3枚お肉が入っているか確認してしまうほど(´・ω・;`)

あ、あとはパンの値段(´・ω・`)b

普通に露天で売ってるチョコパンとかは10円くらいなのだけど、デパートの中にもパン屋はあるのです。

20120410-181419.jpg

BREAD TALKという名前のパン屋さん。実は一緒にジャカルタに行った『にゃらまぎょん』君が屋台飯でお腹壊して、その時に頼りにしていたのがこのパン屋さん(`・ω・´)b
お腹の調子が戻って、ナシゴレン食べたら再びお腹を壊す羽目に(;゜Д゜)
本当に衛生環境だったのかどうかはわからないけど、どこの屋台ご飯より安心して食べれたみたい(´・ω・`)
ちなみに、スターバックスが向かい側にありました。
お値段は日本と変わらないくらい(´・ω・`)b

20120410-181515.jpg

ピザパンが一個90円だから、日本の半分よりちょっと安いくらいかな(´・ω・`)?
やっぱりデパートの中はいろいろ値段が高かったです(´・ω・;`)
にゃらまぎょんは一回に4個ぐらい買って食べてたから、屋台飯二人で一日分くらいの出費(´・ω・;`)

20120410-181533.jpg

んで、こんな可愛いパンも。

あ、最後になったけどカップ麺系が激安(`・ω・´)b
というか、基本的に物価は激安なんだと思います。

20120410-182201.jpg

容器のついてないものなら20円とか当たり前(`・ω・´)b
ミーゴレンの容器付きのものでも45円くらい(;゜Д゜)
カップ麺を一個容器付きで買って、それを再利用するのが最安でした(`・ω・´)ノ

20120410-182215.jpg

・・・これなんか15円(;゜Д゜)

宿とお湯さえなんとかなれば、不健康だけど一日の食費は100円でなんとかなってしまうんですね。

この『価格の差』がたぶん『貧富の差』そのものなんだろうなぁと思ってため息が出ました。

ジャカルタに行って見た(´・ω・`)世界一経済がホットな都市(´・ω・;`)?とりあえず、空港からのトランスポーてーション(`・ω・´)b

6 4月

最近しょっちゅうインドネシアがホットだという放送がブルームバーグで流れていました。ちょうどホテルのポイントが余りまくっていたので、ジャカルタまで足を伸ばして見ました(´・ω・`)b
20120406-001849.jpg
とりあえず、バックパッカーを対象として話を進めていきますので、ポイントは舐められないことそしてぼったくられないことです。

そんな中、市内に出るまでの間に必要なことをいくつか(`・ω・´)b

まず一番最初のぼったくりポイントがVISAの取得(´・ω・`)

20120406-002345.jpg

USドルで25ドルです(´・ω・`)
とりあえずここはドルで払っておけばぼったくり的な換算はされないだろうと二人で(今回は同行者がいるのです)50ドルのところを100ドル払ってお釣りをもらおうとしたら・・・

20120406-002624.jpg

おつりがインドネシア・ルピアで帰ってきた・・・それもぼったくりレート(♯゜Д゜)
中値からだいたい15%くらいは持ってかれています。
頭にきて、ドルでお釣りだせゴルぁ(♯゜Д゜)と叫んで見たものの、「ここはルピアだけだ」といって取り合わない上に、一度金を出してしまった場合は細かいので50ドル出してもダメだいって取り合ってくれません。

20120406-003022.jpg

しぶしぶその場を引き下がり(夕方に到着して、バスの最終が行ってしまうのが心配だった)荷物を受け取りにターンテーブルへと進みます(´・ω・`)

で、ここでもう一つポイントが、携帯のチップを手に入れること(´・ω・`)
携帯のチップがなければ情報収集ができないし、google mapでの検索もできません。
実はバスが使えるかどうかは半信半疑で、空港のホームページでは午後7時で終わりと書いてあったり、バス会社のホームページでは9時までになってると書いてあったりしてよくわからなかったのです。
最悪の時はタクシーを使えば良いのだけど、それはバックパッカーのプライドがゆるしません(´;ω;`)

20120406-003558.jpg

僕は今年一年だけキャンペーンで香港のHSBCのプレミアム口座を持っているので手数料で無料で(さらにかなり良いレートで)現地通貨を引き出せます。
そのHSBCのATMが荷物が流れてくるターンテーブルのすぐ近くに。
本当はここで現地通貨を手に入れる予定だったのにがっかり。

20120406-003849.jpg

んで、そのすぐ近くにデータ定額のSIMが売ってる店がありました(ネットの情報通り)。
データ定額できるのを聞くと、500円で200円の通話料が含まれてるプラン。
最初の二日は90円で定額で、それ以降は50円らしいです。
メーカーはindosat、ネットで調べたのと違うけど、とりあえず定額データ通信ということで買ってみました(`・ω・´)b
だって、バスの情報とかもほとんどなかったからこれしか頼りがないんだもん(´・ω・;`)
ちなみに、相場より多分200円くらい高かったみたい。
でも、この200円は通信をスムーズに行うためだに必要だということで、ぼったくり価格にはカウントしないです(`・ω・´)b

空港からバスで来いミッドプラザまでいかなきゃいけなかったのだけど、バスは直接取り込めるそこまでは行ってくれないのは事前に調査済み。
最悪の時にGoogle翻訳のお世話になれるのは心強いのです(´・ω・`)b

20120406-005941.jpg

んで、開通作業はお店のお兄ちゃんが目にも留まらぬ早業でやってくれました。
10分くらいかな?

20120406-010131.jpg

そして税関を抜けるとずんどこ左手の方向に歩きます。
すぐにCitiBankのATMがあったので、CitiGoldの人はここがオススメ(´・ω・`)
でも携帯のチップを買えないという問題が(´・ω・;`)
途中タクシーが33ドルでしたが、まずはバスの値段を確かめて見ないとね(´・ω・`)b
バス乗り場にはブルーバードがいるという話だったけど、ここにいたのはベンツとかをメインで扱うシルバーバード。黒塗りのおベンツはバックパッカーには抵抗があったのでやめておきました。

20120406-010351.jpg

で、バスのチケットのカウンターをみると、どうやら結構夜中まで(記憶が曖昧だけど11時くらいまで)バスは走ってるみたい(´・ω・`)
Googleマップを見せてチケットを買おうとすると、フードをかぶったおネェちゃんが「ブロックM行きで途中で降りればいいわ」とのこと。
バス代は200円でした。

20120406-011357.jpg

地図に書いてあるように、バスが右折してしまう前に降りなきゃいけなかったのです。

降りる場所をメモで渡してくれたのだけど、バスの中で電光掲示板なんかもなく、さらに発音がよくわからないのでGoogleマップを頼るのみです。

20120406-011649.jpg

バスはエアコン付きで快適でした(`・ω・´)b

20120406-011820.jpg

んで、Googleマップを頼りに道路のど真ん中で降りました。
本当にど真ん中で、路肩によりすらしなくて叫びそうでした(´;ω;`)

20120406-012002.jpg

んで、後から知ったのだけど、640番のバスがブロックMとタナ・アバンとをつないでいたのでそれに乗れば良かったのだけど、それに気づいたのは数日たってからでした。お値段20円(;゜Д゜)

Googleマップを頼りに4キロくらい歩いたかな・・・(´・ω・`)

20120406-012319.jpg

(写真は朝のものだけど)こうして無事にホテルまでたどり着きました(`・ω・´)b

トータルで200円。
地元のバスを併用すれば、220円であんまり歩かないでホテルまでいけたのですね。

教訓『異国の地ではスマホと現地のSIMチップでどうにでもなるかも?』

下準備をそこそこしておけば、スマホで検索すればどうということはないのですね(´・ω・`)

んで、気が早いけど帰りの話も。
帰りはタクシーを使いました。
だって荷物が多かった(20kgほどシャンプーを頼まれた)し、空港でのんびりしたかったのです(´;ω;`)

時間は早朝。
朝の8時くらいで、ちょっとくらいバスを間違ってもなんとかなると思ったのだけど、ホテルのフロントのおネェさんに白々しく「タクシーの色が違うのがあるけど、なにが違うの?」って聞いてみたんです。そしたら『値段が違うだけよ』とにっこり(;゜Д゜)

ブルーバードとその高級版のシルバーバード(ホテルからは25ドルくらいだという話)、さらに白いタクシーもよくみるとおなじマークがついてるのがありました。

20120406-012856.jpg

んで、私たちが選んだのがExpress社のタクシーです。

Googleマップをみながらで、さらにだいたいの道の流れも覚えていたのでぼったくられようがありません(`・ω・´)b

途中で高速道路の代金はちまちま払ったのですが、空港までのトータルはなんと1000円でした。

20120406-013622.jpg

走った距離は32kmです。

ただ、タクシー関係のトラブルはよく聞くので、白いタクシーに乗る時はできれば二人以上で自分の現在位置を常に把握できる状態で乗るのがベターだと思います。