アーカイブ | 金融関係 RSS feed for this section

ダイビング・リゾート、モアルボアルへ(`・ω・´)ノ 準備が足りないと大変なことになります(´;ω;`) 両替もしてから行きましょう( ´・ω・`)

29 5月

さて、今回はダイブリゾート、モアルボアルに向かいます(`・ω・´)ノ

セブシティからバスで3時間ちょっとのところにモアルボアルはあります(`・ω・´)b
タクシーでも行けますが、バスなら500円かからないのでバスで行く方向で頑張ってみました(´・ω・`)

ただ、いくつかの準備が必要なので、そのお話から( ´・ω・`)

モアルボアルはかなりの田舎ですので、ATMはおろか両替所すらありません(´;ω;`)
ATMは隣の街までいかないとありません(`っ;ω;´)っ
カンボジアなどと違って、一応自国通貨のフィリピンペソがメインなのできちんとフィリピンペソを用意して行かなければなりません(`;・ω・´)b

そんなわけで場所はセブシティに戻ります( ´・ω・`)
両替所は至る所にうなるほどあるのですが、出来るだけ大きなところで両替するのが良いでしょう( ´・ω・`)b
私の一番のお勧めは空港からジプニー1本、(リュックなら)徒歩でも行けるマリーナモールです(`・ω・´)ノ

両替所はマリーナモールのSMマート内にあります(`・ω・´)b

中にあるのは安心安全のWESTERN UNIONです(`・ω・´)b
そういえばカンボジアのプノンペンにもありました( ´・ω・`)
手数料などは全くなくて、表示されているレートでの両替になります。

WESTERN UNIONでは円よりもドルの方がちょっとだけレートがいいのですが、日本で日本円から米ドルに両替する手数料を考えると日本円のまま持って行った方が安いでしょう(`;ω;´)b←日本出るときに全部米ドルにしてしまった
あ、ちなみに香港ドルとかはレートがすごく悪いので、『金ならなんでもへっちゃぴょーん(゚∀゚)アヒャ』とか思って行かないようにしてください(´;ω;`)←米ドルが足りなくて香港ドルも両替した

WESTERN UNIONは世界的に有名な銀行なので、だまされたりする心配はまず無いと思います(`・ω・´)b
私の一番のお勧めはここになります(`・ω・´)ノ

次に、ロビンソン近くの一般の両替所です(`・ω・´)b
フィリピンはヤミ両替などはレートが良いようですが、かなりの頻度でだまされるのでヤメた方がいいです(´・ω・`)
マジシャン顔負けのテクニックでお金をぬかれます(`;・ω・´)b

両替したら金額をちゃんと確認しましょう(`・ω・´)b
ちなみに写真の両替所は日本円からの両替レートもかなりよかったです(´・ω・`)
日本で両替して行くと手数料で1割近くなくなってしまうこともあるので、できるだけ現地で両替しましょう。

まぁ一番楽なのは空港での両替かもしれません(`;・ω・´)b
ただ、手数料がわからなかったので私は両替してきませんでしたが( ´・ω・;`)
誰も両替していなかったから、結構手数料が高いのかもしれませんが・・・( ´・ω・`)

最後に、国際ATMの出番です(`・ω・´)b

新生銀行のATMカードなら『PLUS』、香港のHSBCのATMカードなら『Union Pay』にて、現金を引き出すことが出来ます(`・ω・´)b
ただ、どちらもレートが悪く、手数料も高いので最後の手段として用意しておくだけにしておくといいでしょう(`・ω・´)b
新生銀行はVISAの国際レートにさらに4%なので、最悪中値(Yahooとかで表示されるレート)から10%を超える手数料が取られる可能性がありますし、香港のHSBCのカードはATM使用の度にHK$25と、中値から5%ほどの手数料がかかります(`;・ω・´)b
日本でもフィリピンペソの両替はレートがかなり悪いので、日本では2000円分くらい両替していけばいいでしょう(´・ω・`)

さて、モアルボアル出発への準備はできたでしょうか(`・ω・´)?
区切りがいいので出発はまた次回ということで(`;・ω・´)ノ

香港は自由金融都市・・・じゃなかったっけ( ;∀;)

9 6月

さて、日本の現状を憂いつつも、まずは自分の生活の基盤を立て直すために、たかだか一ヶ月程度でも、色々と準備をしなければ・・・と思っていた3月末日。私は現金の安全を守るために=自分の安全を守るために=精神の平安を得るために銀行口座を開くことを決意しました。確かHSBCもCitibankも25万円程度の現金があれば口座をひらけたはず。日本はHSBCとか1000万以上とか言ってるけど、どんだけ上から目線なんだか(゚Д゚)!!

さて、まず訪れたのは香港島セントラル付近にあるCitiBank。過去にお金持ちなおじさま(今はオレがおじさまだが)の通訳という名目で口座開設を手伝ったことがあるので安心安全♪ああ・・・あの頃はビジネスクラスにも乗ったなぁ・・・しみじみ( ;∀;)

ああ、いやいや、こうしてはおれません。とりあえずCitiBankへレッツゴー。

DSC02218

アイワンとオープンざニューあかうんとおっけー?

中略

『香港に住所証明の無い方は当銀行の口座をお開きになれません(英語)』

ああん?何よそれ?adress proof?聞いたことないわよ!!

アドレスプルーフって何?どうやったらできんの?

『公共料金のお支払い書でございます。ガス、水道、電気、税金それらの領収書などでございます』

・・・無いんだけど・・・携帯とかの支払いでもいいの?

『はい、もちろん』

って私プリペイドですからね、領収書なんか出ませんわ。それにそんなモノ届くの1ヶ月はかかるじゃない!!

一応、最低預金額とか教えてもらえますか?

『30000香港ドルからになります』

・・・(´・ω・`)・・・ちょっと足りない・・・ってか預けるだけで使えないわよ!!

DSC02227

HSBCにて

以下同文(´;ω;`)

他にも銀行はあるけど、どれが安心かわからない。大新銀行や中国銀行(香港)とか。途方にくれていると、銀行の優しいおねいさんが、

『Hang Seng銀行なら、住所が日本になくても口座開けるかもしれませんよ。』

うむむ(´;ω;`)

でもハンセン銀行とか聞いたことないっすわ( ;∀;)

『うちの銀行の子会社よ』

え?まーじでーすかー♪?

HSBCの大口預金者はハンセン銀行のATMも使えるんだとか。確かに地下鉄とか必ずHang Seng銀行のATMあるし、確か深センのイミグレーションのちょっと先にもある!!

そんなわけで、ハンセン銀行に行くことになりました。

ちなみに、なにやら今年から世界規模での情報交換が始まるらしく、金融系の規則が厳しくなるらしいです。昔なら、香港に預金したお金は、日本から送金でもされていない限り日本政府の目には届かなかったらしいのだけど、日本に支店のある銀行、つまりCitiBankやHSBCは、日本政府から調査が入る可能性があるのだとか。原因はアメリカ人がなんか、スイスかどっかでマネーロンダリングだかなんだかで悪いことしたのが原因とか言ってたみたいでした。

ってことは何ですか?

HSBCやCitiBankは『家の顧客は香港在住しかいないから、お渡しする情報はありません』とか言って日本政府の要請を断るってことかしら?

でも、シンガポールのCitibankから、香港の顧客情報検索してるの見たことあるけどなぁ(^_^;)

勘違いだったのかなぁ・・・

香港についてから

9 6月

DSC01412

香港についてから・・・と言いながら、こんなこともあろうかと(10年くらいずっとそんな事考えてた)用意しておいた香港の携帯電話のプリペイドSIMカード。GPRS回線で、速度は早くありませんが、1週間38香港ドルでデータ通信定額のサービスを使えるカードを使用します。もちろんSIMフリーの携帯電話が必要ですが、それは後ほど。この類のカードは、日本でも売っているところがありますし、香港の空港でも購入することが可能です。ただ、ちょっと割高になってしまいますけど(´;ω;`)おすすめのプリペイドカードも後ほど紹介します。さすがに当日の夜香港に来てホテルを探す・・・というすごい人はあまりいないと思いますが、私はやりました。さて、今回とったのはY-Loft。香港島の東の果てにあるチャイワンというところのホテルです。回線が遅く、さらに移動中だったのもあり苦労しました。agodaのサイトで予約しましたけど、当日だと取れないことも多々。事前に予約していくべきでしょう。お値段は一泊4000円ほど、涙を飲んで払います。とりあえず、これで通信と宿は確保できました。ああ、香港に付く前に両替とかしないほうが得ですよ。成田のレートは鬼レートです。一応最低限の5000円くらいの両替で良いのではないでしょうか。私は普段から米ドル、ユーロ、香港ドルは1万円分ずつ持ってるので安心ですが・・・

DSC02122

本当は、空港からバスでいこうと思っていたのですが、バスは結構使いにくいので・・・しかし、バスを使いこなせば殆どの場所までA〇〇とかE〇〇とかいう路線が空港から香港の各地に伸びています。深夜でも走っているので、終電を乗り逃しもまぁまぁ平気。今回は根性が抜けていたのでエアポートエクスプレスという特急にのりました。バスなら300~400円しかかからないのですが、今回は残念なことに宿の確保が出来ていなかったので。ただ、香港駅から中環駅まで、路線図を見ると繋がっているように見えるのですが、かなりの距離を歩きます。もしも、宿賃を浮かせたいのであれば、ハンガン・ボーダーをバスで越えて深センに直行する手もあります。今回は見送りましたが、空港からバスが出ています。

DSC02136

さて、チャイワン(柴湾)の駅につきました。さすがに誰もいないし、店も閉まっています。仕方が無いのでそのままY-Loftへ。ホテルの場所はきちんとgoogle mapとかで調べておいたほうがいいですよ。

DSC02155

部屋ははこじんまりとしているけど、まぁまぁ綺麗。バスタブがないのは安宿だから仕方ないですね。女性の方でも安心して泊まれそうなホテルでした。ここはNHKの日本語放送も見れました。インターネットもしっかりつながります。ただ、無線LANは 一台しかコンピュータをつなげないらしく、iphoneとノートPCの同時接続はできませんでした。

DSC02168

近くのセブンイレブンです。冷凍系だけど、飲茶っぽいものも食べれます。私はココで水を買いました。4.5リットルで28香港ドル。大体300円ちょっとですかね。明日はもっと安い水を買いに行きます。

っと、この時点でもう真夜中。実はへとへとです。

香港での生活基盤を築くために銀行の口座を開くつもりでしたが、もちろんこの時間はやっていないので翌日に回すことに。

銀行は、日本でも有名なHSBC、CitiBankに口座を作るのが一番です。これで銀行の口座が作れれば、大金を持ち歩かなくて済むので安心して行動ができます。