アーカイブ | 香港情報 RSS feed for this section

香港に戻って来ました(`・ω・´)ノ

2 4月

再び香港に戻って来ました(´・ω・`)
今回は日本でネットで少しだけだけどバイト代が入るので長くいられる予感(`・ω・´)
少しずつだけどまた情報を発信して行きます(`・ω・´)ゞ

まずはグアムとジャカルタの通信事情から書いて行こうと思います(`・ω・´)b

ではでは、のんびり行きますね(*´ω`*)

20120402-011941.jpg

写真はグアムの天然プールです(´・ω・`)

広告

深センから香港空港への深夜のトランスポーテーション+深センのホリディインエクスプレスのネット接続環境(・∀・)

21 8月

最近ブログの更新があまりなくてすみません。

いろいろ調べてきたので、まとめて記事にしていきます。

今のところ手元にあるネタは

・空港ラウンジの食品の安全性

・機内食の食材の産地

・機内での飲み物サービスについて

・粉ミルクのんでみてレビュー

等々です。

前回、香港空港から深センまでの簡単トランスポーテーション(深夜着)をやったので、今回は逆方向を調べなおしてきました。

DSC05571

まずは深センのホリデイ・イン・エクスプレスに宿泊しました。

DSC05578

一人での宿泊なので今日はクイーンベッド(・∀・)

DSC05582

18階に宿泊しました( ´∀`)

DSC05588

そして無線LAN接続チェック。

DSC05589

香港の空港(到着ロビー)ではダメだったけど、ここではちゃんとログイン用の画面が出てきました。

DSC05590

Terms&Conditionsに同意してやると・・・

DSC05591

無事に接続されました(・∀・)でも、スカイプとかやるには少し厳しそう(´;ω;`)

DSC05653

さて、具体的にハンガンボーダーまでの移動ですが、一般的にはタクシーで8km程度の距離なので、500円~1000円くらいでしたが、私はケちんぼですのでバスに乗りました(´・ω・`)

DSC05657

バスのチケットは車内のチケット売の人から買います。

DSC05658

2元・・・って30円くらい。

DSC05662

ハンガン・ボーダーに到着。

DSC05664

バス乗り場から上に登って・・・

DSC05668

ひたすらまっすぐ進むとイミグレーションがあります。写真撮影は禁止でした(´;ω;`)

DSC05682

そして、しばらく歩くとバスのチケット売り場が。しかし香港空港行きのバスは見当たりません(´;ω;`)そんなことを考えながら歩いていると、香港空港までの乗合タクシーの客引きのお兄ちゃんを発見。朝4時に空港まで行くシャトルが150元だそうです。朝6時だと130元だとか。面倒な乗り換えを考えると、この辺りを使うのも悪くなさそうです。

DSC05643

ちなみにホリデイ・イン・エクスプレスから直通のバスも出ていてこちらは200元です。空港までは2時間ほどかかるそうなので、朝一番のデルタとかには間に合いませんね。一番早いバスでも6:30発なので(´;ω;`)

DSC05687

深センのミグレーションを抜け、建物を出て左側に行くと、香港の街中に出るバスがあります。

DSC05694

モンコックまではHK$35。深夜便だとHK$45。香港空港まで手間を省いていくならやはりシャトルバスがおすすめです。

DSC05698

バスに乗って移動します。実は深センのイミグレーションは抜けているのですが、香港のイミグレーションは抜けていません。つまり緩衝地帯ですかね。

DSC05704

バスに乗って橋を渡ります。西の方に福田口岸と落馬洲を結ぶボーダーが見えます。実はすぐ隣なんですね。

DSC05706

バスはすぐにつきます。

DSC05707

んで、一回降りて香港のイミグレーションへ。

DSC05709

入国書類を書きます。

DSC05713

んで、イミグレーションを出て進むと・・・

DSC05718

さっきのバスが待機しています。

このバスでモンコックまで行った後は昼ならA21のバスで、夜ならN21のバスで空港まで行くことが出来ます。でもあまり節約できるというほどではないので、時間がないときは素直にシャトルバスを使ったほうがよさそうです(・∀・)

香港の空港から深センに直行する@香港空港

10 8月

私のサイトを見られる方にはバックパッカーの方も多いことでしょう。そんな人達は、少しでも安い宿を求めてダイレクトに深センに行きたい人もいるかも知れないし、純粋に弾丸ツアーとかの人もいるかも知れませんので、深夜に香港の空港に到着した場合に何とかして深センまでたどり着きたい人用に、空港からの最速で最安のトランスポーテーションを調べてみました。

本当はバスで移動できるのが一番なのですが、デルタ航空を使う人や格安チケットを使う人は深夜に到着するので、バスで移動をしても深センとの国境までたどり着くのは難しいし、ハンガンの国境以外は24時以降は閉まってしまいます。そこで、N21の深夜バスやA21のバスと、油麻地から出る深夜バスをつかうこともできるのだけど、それでは手間がかかるという人や、そんなに時間をかけるならむしろ空港で一夜を明かしてしまおうという人も多いかもしれません。

DSC05241

空港にそういうバスがあってもいいものだと思いますが(過去にあった気もしますが)2011年8月現在では存在しません。しかし、乗合タクシーのようなスタイルのシャトルバスなら存在するようです。

DSC05242DSC05243

民間のサービスのようです。結構胡散臭く見えるけと、安心で安全です。24:00までやっているので、飛行機が多少遅れても安心なレベル。

DSC05245

深センまでHK$150、広州までHK$250。実は下手にジタバタするよりも普通にこの金額払ったほうが効率も高くて便利です。

DSC05246

場所は2つある出口のAに近い方です。建物の中央左寄りです。

ここよりも更に左の方にもシャトルバスのカウンターが複数あります。

 

ちなみに、空港からの深夜バスと油麻地から出る深夜バスを組み合わせて使用する場合は、上記のような場所からバスが出ています。トータルでHK$80くらいになると思います。節約できても800円程度なので、手間を考えるとシャトルバスに乗ったほうが安いですねΣ(´∀`;)

DSC04514

上記が油麻地のバス乗り場です。場所は大通りから一本入った場所にあります。

DSC04511

目印はPort StreetとPitt Streetの交差点です。この付近まではA21またはN21のバスで行くことができる(グーグルマップリンク)ので、それほど難しくはありません。

DSC04524

地下鉄の油麻地駅のA1の出口から出て目の前の交差点なので、地下鉄駅を目印にしてもよいでしょう。

DSC04526

深夜には出ていませんが、広州まではここから直通のバスがありますので、これを利用する手もありますね(・∀・)

無料でインターネット@香港の空港

8 8月

『香港の空港では無料でインターネットが出来る(・∀・)』という話を聞く人は結構いるのではないでしょうか?結論から言いますと期待しないほうがいいというレベルです。

DSC05239

香港に来られる方がこのホームページを見ることでアクセスをしてくれることが増えてきましたが、やはり空港で連絡を取る手段を準備して置かなければ不安でなりません。

DSC05240

待つ身としては、一応飛行機の到着予定表などが設置されてはいますし、

DSC05237

スターバックスやバーガーキングなどで待ち合わせをすることもできますが、それでも一抹の不安はあるはずです。場合によっては香港で待っている側が何らかのトラブルで空港への到着が送れる可能性もあります。

DSC05248

それで、一応空港でのネット環境をチェックしてみたのですが・・・

DSC05250

残念なことにiPod touchからインターネットへの接続は出来ませんでした。

確かコンピュータでつないだ時はログイン画面にリダイレクトされたはずなのに・・・

そんなわけで、香港の空港のフリーWifiは使えない可能性が高いと思っていた方がよいと思います。

また、つながってもかなり低速だったはずなので、あまり重い作業はできないと考えてよいでしょう。

中国産の粉ミルク@香港

7 8月

本日スーパーに行くと見慣れないスキムミルクを発見しました。

DSC05199

お値段は800円ちょい。他のものより2割ほど安いです(・∀・)

DSC05200

容量は900g

DSC05201

Manufactured in Chinaとあるので中国産の粉ミルクのようです。毒入りミルク事件があってから長いこと中国産の粉ミルクは見ませんでしたが、やっと安全な商品として取り扱われるように・・・なったのかなぁ?

でも、良く見るとNestleの名前が入っています。

有名所だから平気かな?

いずれ日本の食品の同じような目で見られるようになるのかもしれませんね(´;ω;`)

オーストラリア、ニュージーランドの粉ミルク@香港

6 8月

今回、スキムミルクの代理購入依頼を受けたので、近くのスーパーで見繕ってきたました。スキムミルクって、結構種類があるんですね。

脱脂粉乳(オーストラリア産)

全粉乳(ニュージーランド産)

調製粉乳(オーストラリア産、上の2つの中間?)

今回成田の検疫に問い合わせてみたましたが、『個人で消費するものなら、特に持ち込みに制限はない』とのこと。販売用の商品や、商品サンプルでなければチェックはサれないそうです。冷凍飲茶や米もOKとのことでした。

・・・でも昔は冷凍飲茶もとられた気がするのだけど・・・

後で、これらのスキムミルクのレビューも(私ではなく知人が)する予定なのでお楽しみに。

いずれ、日本の牛乳が全て汚染されてしまったり、品不足になった時のための準備を着々と進めております(`・ω・´)ゞ

普通のざるそば@香港(・∀・)

5 8月

今まで調査してきた様々な食材。

DSC04702

近くのスーパーで見つけたシンガポール産のキッコーマンのそばつゆ。

DSC04818

ジャスコで見つけた中国産の蕎麦。

DSC05127

近くの市場でおまけでもらった万能ねぎをつゆに入れて、

DSC05128

お蕎麦を盛ったら・・・(・∀・)

DSC05130

美味しいざるそばの出来上がり(*゚∀゚)

でもこれってざるそばっていうのかな?